体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アヴリル・ラヴィーン、ネット上で最も危険なセレブに?

アヴリル・ラヴィーン、ネット上で最も危険なセレブに?

 現地時間2017年9月19日、インターネット・セキュリティー・ソフト会社マカフィーが、セレブを対象としたネットで名前を検索した際にウィルスやマルウェアなど悪意のあるコンテンツにアクセスするリスクがある人物のランキングを発表し、アヴリル・ラヴィーンが1位となった。

 同社によるとアヴリルの名前を検索すると、14.5%の確率でデバイスに危険を及ぼす可能性があるサイトに辿りつき、その確率は“無料 MP3”というフレーズを加えると、22%に上昇するという。ランキング2位はブルーノ・マーズで、僅差でカーリー・レイ・ジェプセン(3位)、ゼイン(4位)、セリーヌ・ディオン(5位)、カルヴィン・ハリス(6位)、ジャスティン・ビーバー(7位)、ショーン“ディディ”コムズ(8位)、ケイティ・ペリー(10位)らがTOP10にランクインしている。

 今年、アヴリルの名前が上位にランクインした理由としてマカフィー社は、彼女がニュー・アルバムを制作しているという報道により関心が高まったこと、E! Onlineに掲載された独占記事、さらには彼女に影武者がいるのではないかという噂などをあげている。

 2015年のオランダ人DJアーミン・ヴァン・ブーレン、2016年のコメディアンのエイミー・シューマーに次ぎ、1位にランクインしたアヴリルは、女性ミュージシャンとして初の首位となった。

関連記事リンク(外部サイト)

アヴリル・ラヴィーン、元夫ニッケルバックのチャドと共演で3年ぶりのステージ
アヴリルが「自分のルーツに戻る」新作を年内リリースへ、1stシングルは闘病中に書いた「最も正直で感動的な曲」
アヴリル・ラヴィーン、2017年に新作リリース予定「素晴らしい2017年になる」

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。