体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お洒落な雰囲気の中、自家製ハムやソーセージを楽しめる

9月19日放送の「じゅん散歩」(テレビ朝日系、午前09時55分~)では、田園調布を散策した中で、「Metzgerei SASAKI(メッツゲライササキ)」(東京都大田区)が紹介された。

加工肉を扱っているこちらのお店。
お店の名前はドイツ語で「お肉屋さん」という意味だ。販売スペースには本場ドイツ仕込みの自家製ハムやソーセージが並んでいる。
オススメは「田園ベーコン」(100g/561円)だ。2時間ほど燻す通常のベーコンとは違い、一晩かけて燻し、濃厚な旨味と香りを閉じ込めた一品となっている。
「厚切り焼ベーコン」(864円)や「ヴルスト2種とビアシンケンのハムカツ・トマトソース添え」(1,296円)、「シャルキュトリー5種盛り合わせ・ピクルス添え」(1,296円)など、販売スペースで扱っている商品を使った料理を食べる事が出来る。日替わりランチも大人気だ。

高田純次さんは「ビアシンケン」(100g/378円)、「プロシュート」(50g/918円)、「田園ベーコン」(100g/561円)をいただいた。

「プロシュート」を一口食べた高田さんは「う~ん、味はすごい濃いね。いいね!こういうところで食べるのはなんとなく雰囲気があるからね!食べ物もより一段とおいしく感じるね!」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:Metzgerei SASAKI(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:田園調布のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:洋食・西洋料理のお店紹介
ぐるなび検索:田園調布×洋食・西洋料理のお店一覧
15種類のフレーバーソースで楽しめる唐揚げ
大豆粉とアーモンド粉で作るピザ

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy