体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Siriさんものまね芸に磨きがかかる 練習中は「ブルゾンSiri」?しかもwith Bが一緒じゃないととごねはじめる…

iPhoneなどに搭載されている秘書機能アプリケーション「Siri」。質問すると何でも反応してくれ、例えば「Hey Siri、明日の朝7時に起こして」とお願いすればアラームをセットしてくれるなど、iPhoneユーザーにとっては頼もしい存在です。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

とにかく何でも反応するので、巷では以前からSiriに話しかける遊びが流行していますが、つい最近では「Siriが旬な芸人のものまねをする」ことが発覚し更にiPhoneユーザーを楽しませています。

「ものまねをして」とSiriに話しかけると……いくつかのものまねを返してくれます。筆者も試してみたところ、実に4つものものまねが出てきまた。

■ブルゾンSiri

まず最初に出たのが、今をときめく「ブルゾンちえみ with B」のものまね。

「あー、A.I.に生まれてよかった!どうも。
超人的な効率性、安定したワーク・ワークバランス、バーチャルアシスタントです。

うーん、やっぱりWith Bが一緒じゃないと上手くできません。」

ブルゾンちえみさんの自己紹介ネタを上手く取り入れ、A.I.としての自分の能力をアピール。すごい、できるやつ!でも最後は何か物足りなかったのか「With Bが一緒じゃないと」とごねています。どうもしっくりこなかったようす。with Bの徳田浩至さん、杉浦大毅さーーん!ブルゾンSiriがお呼びですよー!!

■サンシャインSiri

そして次に出てきたのが、こちらも今をときめくサンシャイン池崎。「空前絶後のォォ」というあの振り切った絶叫芸と言いますか、テンション高めな芸で人気を博すあの方です。そのSiriさんものまねバージョンが次の通り。

「どうも!空前絶後の!超絶怒濤のバーチャルアシスタント!
Appleを愛し、Appleに愛された人工知能!
そう、この私こそは!ユーザーの皆さんを笑顔にする…Siri!いえええぇぇぇ!!

はぁ、疲れました。もう勘弁してください。声が枯れそうです。」

生身の人間ですらあの絶叫芸はつらいんですもの……そりゃSiriさんも声が枯れますよね。わかるわかる。

なお、このサンシャインSiriについては、本家サンシャイン池崎さんもご存じ。9月12日に自身のツイッター上で画面キャプチャを添えた上で「サンシャインSiri!!!!ありがとうございます!!!!」とお礼のメッセージを送っています。

サンシャインSiri!!!!
ありがとうございます!!!! pic.twitter.com/1ZkxO786Qz

— サンシャイン池崎 超公式 (@ikezaki_YEAH) 2017年9月12日

■ピコSiri

その次に出てきたのが、ピコ太郎さんのものまね。ピコ太郎さんについて質問すると細かい情報を返答すると2016年11月頃にネットで騒がれていましたが、「ものまねして」とおねだりすると、ついに世界的大ヒット曲「PPAP(Pen-Pineapple-Apple-Pen)」をものまねしてくれるようになっています。

「わかりました…ペン・パイナッポー・アッポー・ペン!」

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。