体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「今晩使えるテーブルコーディネートを」和モダンテーブルコーディネーター光田愛さん《前編》

趣スタッフのちあきです。

近年お料理がブームですが、「美味しさ」には味そのものだけでなく、食材の色や食器といった見た目も大きな影響を及ぼしますよね。

今回、和モダンテーブルコーディネーターの光田愛さんに、毎日の食事を楽しくするテーブルコーディネートについてお話を伺いました。

食事をもっと美味しくいただくための学びがたくさんありました!

 

 

received_1399213150157930

和モダンテーブルコーディネーター

光田愛

広島県広島市出身。1994年から今月まで、一貫して西洋の文化に和を調和させた「和モダンスタイル」のテーブルコーディネートを追求する。

自らの「和モダンスタイル」のテーブルコーディネートをテーマにした作品を創り続け、家庭画報主催「祝いの食卓大賞」優秀賞や、「優しい食事」主催テーブルコーディネートコンテストにて近畿、大阪商工会議所顕賞受賞など数々の受賞実績を持つ。

光田愛の創作活動は、国内だけでなく、2009年5月にはパリで、同年9月にはNPO法人「和食と文化とおもてなしニューヨーク2009」より依頼され、ニューヨークのカーネギーホールのバンケットホール責任者として会場全体のコーディネートの総指揮を任せられる。
2010年12月には一般社団法人和みの会のシンガポール国際交流会でも作品を披露するなど、グローバルに活躍している。

このような創作活動の傍ら、自ら主催するテーブルコーディネート教室「belleTable ベルタブル」をはじめ、NHK文化センター広島・青山教室の講師として数多くの光田愛のスタイルを継承する人材を世に送り出している。

公式サイトはこちら

 

美しい食器、買っただけで満足しないで!和食器店から始まったテーブルコーディネート

ちあき
光田さんは和のテーブルコーディネート第一人者としてご活躍ですが、どのような経緯で食空間の演出を手がけるようになったのですか?

 

光田
もともと、広島で母が開いた和食器の会社を二代目として運営していました。

私と母で全国の器の中から美しいもの、本物を選りすぐり、値段に関わらず本物の「良い」器をご提供していました。そのなかで、なんとお客様が器を買うだけで満足していること、良い器は普通のお料理には使えないと思って食事に使用されていないことがわかったんです。

良いものだから使わないのでなく、良い食器だからこそ毎日の食卓を美しくするために使ってほしいと思い、和食器を使ったコーディネートを教えるおもてなし教室を始めました。地元では珍しかったこともあって人気になったんです。

 

received_1399213163491262

あるとき雑誌「家庭画報」のテーブルコーディネートコンテストに応募してみたところ、思いがけず優秀賞を受賞して。あちこちから取材や講師としてのオファーが来て、本格的に和モダンテーブルコーディネーターとして活動していくことになりました。

活動の場を東京に移してからも様々な機会を得て、パリやNY、シンガポールなど海外でもコーディネートを発表してきました。今年からは上海で定期的にテーブルコーディネートの勉強会を開いています。

 

和のテーブルコーディネートを提案。「今日から使えるテーブルコーディネートを」

ちあき
おもてなし教室を始められた当時の日本にはテーブルコーディネートの概念がほとんどなかったそうですね。

 

光田
はい。そのころ一般的にテーブルコーディネートといえば、海外のホテルやレストランで見るような非日常の演出手法でした。巨大なテーブルに真っ白なクロス、色とりどりのお花にキャンドル。白いお皿を何枚も重ねて。

1 2次のページ
趣通信の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy