体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今飲むべき”甘くない紅茶”はどれだ?7プレミアム『キリン午後の紅茶 アールグレイ 無糖/甘くないミルクティー』リニューアル!

 

甘くない紅茶ブームは、まだまだ継続中! 8月21日にリニューアルしたセブンプレミアム『キリン午後の紅茶<アールグレイ 無糖>』『キリン午後の紅茶<アールグレイ 甘くないミルクティー>』は、アンティーク調のデザインにパッケージ変更して再登場。実際に飲んで、その味わいを確かめてみよう!

みんな大好き午後ティー「アールグレイ」2本同時リニューアル!

キリンビバレッジ株式会社の紅茶飲料No.1ブランド「午後の紅茶」(通称:午後ティー)は、1986年発売。日本初のペットボトル入り紅茶として30年以上も愛され続けている。レギュラー商品は「ストレートティー」「ミルクティー」レモンティー」「おいしい無糖」など。これまでに数多くの期間限定フレーバーも登場したが、先月発売された「キリン 午後の紅茶 チョコミントミルクティー」(2017年8月1日発売)はなんとアイスでおなじみのチョコミントの紅茶版ということで話題をさらった。

 

一方で、紅茶なのに”おにぎり公式飲料”というキャッチコピーで大々的にスタートした「甘くない紅茶」ブームも今年で早5年。おにぎり×紅茶はいまだ世間に溶け込めずややゴリ推し感は否めないが、甘くない紅茶自体の売り上げは好調なようで、甘さ控えめや無糖を求める層は着実に増えているようにみえる。

そんな中、セブン―イレブンやイトーヨーカドーなどセブン&アイホールディングス系列のお店のみで取り扱われる「セブンプレミアム」の商品から、『キリン午後の紅茶<アールグレイ 無糖>』『キリン午後の紅茶 <アールグレイ 甘くないミルクティー>』(各460ml・予想小売価格 税込129円・2017年8月21日発売)の2つのフレーバーが新しくなって登場。人工甘味料不使用の本格アールグレイが楽しめるシリーズとあり、そのクオリティに注目が集まっている。

 

そもそも「アールグレイ」ってどんな紅茶?

ペットボトル入りやティーパックの紅茶をみてみると、日本でよく売られているのは「アールグレイ」と「ダージリン」だ。特にどちらでもかまわない、と思う人も多いだろうが実際に飲み比べてみると香りや味の違いがわかりやすいのでおもしろい。

 

「ダージリン」はインドのダージリン地方で収穫される茶葉の銘柄で、日本茶でいう宇治茶や静岡茶など地名のついた銘柄だ。一方、「アールグレイ」はイギリス出身で、茶葉の銘柄ではなく「ブレンド茶」。中国茶のキーマン茶やセイロン茶などをブレンドするのが主流だが、ダージリンが入っていることもある。

 

アールグレイはさっぱりスッキリした味わいが特徴的で、その理由はベルガモット(柑橘系)の香りをつけたフレーバーティーだから。ストレートで飲んでもおいしいけれどミルクとの相性も良いため、日本ではよくミルクティーに使用されている。

 

リニューアルしたキリン 午後の紅茶『アールグレイ 無糖』は、世界三大銘茶・ウバ茶葉を50%以上使用したブレンド茶にベルガモットの爽やかな香りをつけたアールグレイティー。『アールグレイ 甘くないミルクティー』は世界三大銘茶・ウバ茶葉を60%とセイロン紅茶の女王・ディンブラ茶葉を40%をブレンド。人工甘味料不使用で、ミルクのコクとすっきりした味わいを同時に楽しめるアールグレイティーだ。

 

甘くないシリーズの午後ティーは、本当に甘くないのか? 食事に合うのか? など、実際に飲んで検証してみよう!

 

午後の紅茶『アールグレイ 無糖』『甘くないミルクティー』は、本当に甘くないの?

まずはキリン 午後の紅茶『アールグレイ 無糖』を試飲!

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。