体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

持ち歩きが苦じゃなければ、意外と役立つ「スーツケースカバー」。

持ち歩きが苦じゃなければ、意外と役立つ「スーツケースカバー」。

「Fireboxから、狂気のクリエーション!」との謳い文句が掲げられたアイテム。もう多くは語るまい。この「Head Case」なるスーツケースカバーは、その名の通りあなたの顔をどアップでプリントしてくれるオーダーメイドスーツケースなのだ。

地味に便利、そしてお手頃。

持ち歩きが苦じゃなければ、意外と役立つ「スーツケースカバー」。

さすがに恥ずかしい、はさておき、これでどんなにおっちょこちょいな人でもカバンを取り違えたりしないはず。似たようなスーツケースが並ぶトランクレーンで、間違って取られないかとヒヤヒヤするのももうおしまい。

持ち歩くのさえ苦じゃなければ、意外と役に立ったりして。持ち歩きが苦じゃなければ、意外と役立つ「スーツケースカバー」。持ち歩きが苦じゃなければ、意外と役立つ「スーツケースカバー」。

ちなみに何気に高画質、そしてサイズもしっかり3種類。伸縮性のある素材なので、顔を伸ばせばどんなケースにもフィットするとか。気になるお値段は26ドル(約2,900円)。特注にしては安い、のか?

友達へのプレゼントとか、または愛犬や愛猫などの写真で作るなら、ちょっとやってみたいかも。勇気のある人はぜひこちらへ持ち歩きが苦じゃなければ、意外と役立つ「スーツケースカバー」。Licensed material used with permission by FIREBOX

関連記事リンク(外部サイト)

へい、お待ち!「回転寿司スーツケースカバー」を使えば、もう空港で迷わない
これは欲しい。持ち主の後ろを自動でついてきてくれる「スーツケース」
あなたのクローゼットを、そのまま持ち運べるスーツケース

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy