体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【JYOCHO】 沸き上がる感情は共有できると信じてる

中川大二朗のソロプロジェクト、JYOCHOの新作が早くも完成! 活動姿勢や心境もだいぶ変わってきたようで、今回は猫田ねたこ(heliotrope)を新たなヴォーカルに迎えている。
L→R ハチ(Flt)、sindee(Ba)、中川大二朗(Gu)、猫田ねたこ(Vo)、hatch(Dr) (okmusic UP's)
──思ったよりも早く新作が届いて嬉しいです。
「以前は先のことを何も考えてないくらいだったけど、パッと出したい気持ちに切り替わったんですよね。バンドとしてのJYOCHOがすごくしっくりきてて、そうなるとライヴをやりたい想いも芽生えてきて、自分が外に向いてる感じがします。もう、前作のリリース直後あたりから。ライヴが観たいという声もたくさんいただいてたし。」
──今作のバンドサウンドのポイントは?
「ダイナミクスを大事にしたアンサンブルを心掛けました。各プレーヤーの個性、音符の長さも休符を含めて明瞭に伝わるように。かつ、ヴォーカルがしっかり真ん中にいて、メロディーが抜けてくる感じですね。音の作り方をだいぶ変えたので、シンプルに聴こえるかもしれません。」
──「ほんとうのかたち」は特に音符の長さで余韻が感じられました。
「そう言われると、ギターのアプローチも変わってますね。“間”を多く取れてるというか。前作はタッピングで弾き倒す、もっと攻撃力高めな一枚やったんで(笑)。」
──世界で引き続き起こってるさまざまな出来事が、作品に影響してたりはしますか?
「社会的な変化や風刺みたいなものが目立った前作に比べて、今作は感情、記憶、意識の描写がテーマになってます。自分の中におぼろげに残ってる感触を記録するというか。「tree,stone」は小さい頃の記憶をもとにしてて。僕、すごく怒られてめちゃくちゃ泣いてたんですよ。誰に怒られたのかは覚えてないけど、それが家だったこと、そのあとに泣き疲れてボーッとしてたのは覚えてて…あの放心状態が未だに忘れられなくて、ふと沸き上がってくる時があるんですよね。川の音は涙を連想させる要素として入れました。」
──それがJYOCHOらしい楽曲の作り方?
「そうですね。ほとんど忘れてる記憶の中で、そんなに衝撃的な出来事じゃないはずやなのに、なぜか意外と覚えてたりするもの。その情緒にとても魅力を感じるんですよ。おばあちゃんちの物置にあった『週刊少年ジャンプ』の匂いとか、ドッジボールが終わって家に帰ってきたらしてた煮物の香りとか。それを引き継いでる現状の自分も含めて、曲に書いてます。」
──「三つに分けること」はどんな意味合いがある曲ですか?
「“あなたと私”が一緒にいる時、見えないものってすごくあるんじゃないかなと。そこにもうひとりの自分を置けたとしたらもっと見える…と最近は思ってて。俯瞰や客観というよりも抽象的な感触なのですが、広い目線を持つことで楽になれた気がしてます。」
──“碧い家で僕ら暮らす”というタイトルは、その楽になれた感覚が滲み出てるように思いました。
「確かに、“暮らす”の部分には決意を含めてますしね。テキストにするのが難しい感覚ばかりやけど、普通に生きてると捨てていってしまいがちじゃないですか。それが嫌なんやろうなと(笑)。ただ、あくまで個人の記録で、やっぱり“こたえ”を誰かに提示したいわけではなく、あるかどうかも定かではない絶対的な“こたえ”を僕自身でさえ探してる途中みたいな。正解が分かってない自覚もあるので、わざと分かりにくい言葉にしてますから。一方で、“こたえが出んでもいいや”とも思ってて。でも…記憶って共有できるものじゃないけど、記憶から沸き上がってくる感情は共有できると信じてるんです。“なんで沸き上がってくるんやろ?”っていう考えは止めたくない。猫田ねたこさんの歌をライヴで聴いた時に心がギュッとなる、呼び起こされる感じがあって、今作の構想と合致してヴォーカルをお願いさせてもらいました。」
取材:田山雄士
ミニアルバム『碧い家で僕ら暮らす』
2017年9月13日発売

No Big Deal Records

NBPC-45 ¥1,944(税込)
ライヴ情報
『Next Music from Tokyo vol 11《Canada Tour》』

10/06(金) カナダ・Tranzac Club(Toronto)

10/07(土) カナダ・Lee’s Palace(Toronto)

10/08(日) カナダ・Divan Orange(Montreal)

10/11(水) カナダ・KW Studio(Vancouver)

『JYOCHO 「碧い家で僕ら暮らす」Release tour』

10/22(日) 京都・京都GROWLY

12/03(日) 東京・渋谷TSUTAYA O-Crest
JYOCHO
ジョウチョ:2015年3月に解散した宇宙コンビニのリーダー“だいじろー”こと中川大二朗のソロプロジェクト。プログレッシブ~ポップスなどさまざまなジャンルを通過した音楽性に、テクニカルなトラック、温かみ、激情をふんだんに盛り込んだ、まさに情緒感たっぷりな、JYOCHOにしかできない独自の世界観を構築する。

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。