体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

吉岡里帆が日々「愛おしさ」を感じる瞬間は?

吉岡里帆が日々「愛おしさ」を感じる瞬間は?
J-WAVEで9月18日(月・祝)にオンエアされたスペシャル番組「J-WAVE SPECIAL NOLLEY’S LOVELY MOMENTS」(ナビゲーター: 板井麻衣子・ミズノマリ)。昨秋に続いて、paris matchのミズノマリと板井麻衣子がお送りしたスペシャルプログラムです。番組ではゲストにヴァイオリニストの宮本笑里さん、女優の吉岡里帆さんをお迎えして、トークやスペシャルスタジオライブなどを交えながらお送りしました。

「毎日の中にある愛おしさ」として「音楽と娘の存在」を挙げた、番組前半のゲスト、宮本笑里さん。現在3歳になる娘さんの成長を見守りながら、「慌ただしいけれど、(娘が)できることが増えていくことが喜びを感じられる瞬間」と語りました。最近では宮本さんが料理する姿を真似てままごとを覚えるなど、「女子力が増してきた(笑)」とのこと。ちなみに楽器は、2歳のときに本人が「やってみたい」と言ったので子供用のバイオリンを買ったそうですが、「安い楽器を通販で買ったんですけど、見事に壊れまして(笑)。聴いてる分には体を動かしたり、歌ったりと大好きなんですが、いざ彼女が弾こうとするとおもちゃになってしまうから、恐ろしくて楽器は眠っています(笑)」と話していました。

オンエアでは、ご自身が音楽を始めたきっかけや、プロになる転機などについてのお話、また、スタジオライブでは「あなたが支えてくれるから、私は頑張れる」という意味が込められた歌詞も印象的な「You Raise Me Up」を生演奏して頂きました。

番組後半のゲストは女優の吉岡里帆さん。「愛おしさ」という話題には、「仕事を通しては、1つのドラマのシーンが完成するごとにあって、表現させてもらっているということにも愛おしさを感じて感謝してます。あと、周りの応援してくれる人、特に地元の高校の同級生が8人グループで仲が良くて、その子たちがみんな忙しいのにちゃんとチェックしてくれて。グループLINEに細かく『これが良かった』とか…もうそれだけでみんなに『ありがとう!』と言いたくなります」と話してくれました。最近盆栽を買いだして、「ぼーちゃん」と名付け「少しづつ育っている姿が愛おしい」と、プライベートでの意外な一面も明かしてくれました。

番組ではさらに、先日出版されたばかりのコンセプトフォトブック『13 notes#』の話題も。

初めての試みというフォトブックでは、吉岡さんが、“黒髪のマリリン・モンロー”や「ピンポン」の少年まで、名作映画の主人公やヒロインを幅広く演じた連載を1冊にまとめたものです。その他にも番組では、映画好きとしても知られる吉岡さんに映画についての様々なお話を伺いました。

オンエアではさらに、ミズノがボーカルをつとめるparis matchによるスタジオライブもお届けしました!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE SPECIAL NOLLEY’S LOVELY MOMENTS」
放送日時:9月18日(月・祝)18時−19時55分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/holiday/20170918_sp/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。