体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

曽我部恵一×志磨遼平 2人を結ぶ意外な漫画って?

曽我部恵一×志磨遼平 2人を結ぶ意外な漫画って?
J-WAVEで9月18日(月・祝)、敬老の日にオンエアした、9時間の生放送番組「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL MY TOKYO STORY」(ナビゲーター:藤田琢己)。16時からは、サニーデイ・サービスの曽我部恵一さんと、ドレスコーズの志磨遼平さんの対談の模様をお送りしました。

今回のトークテーマは「東京」。曽我部さんは香川県、志磨さんは和歌山県の出身なのですが、東京に出てきた歳は19歳頃と共通していました。

志磨さんは和歌山県出身ということで、近くの都会といえば大阪がありますよね。どうして大阪を飛び越えて東京に出ようと思ったのでしょう? 「自分の親父に『バンドをやりたいので大阪に行く』っていうのを話したことがあって」と志磨さん。

和歌山から大阪までは電車で1時間ほどだったため、「そんな1時間で帰って来れるようなとこ行くなよ。行くなら、東京に行けばいいのに」とお父さんに言われたそう。それを聞いて志磨さんは東京に出てきたのだとか。反対されるどころか、逆に更なる独り立ちを勧められたのですね。

そんな志磨さんが東京に抱いていたイメージはと言えば、まさに曽我部さんの音楽!「下北沢っていう街で、ライブハウスがたくさんあって、いろんなバンドがあって。インディー・シーンみたいなのがなんとなくあるんだって、ぼんやり見えてきてっていう感じで」と話します。

そしてもう一つ、好きだった岡崎京子さんの漫画から受けたイメージも大きく、「『東京ガールズブラボー』、あれが、僕の東京感みたいな中ではすごく大きかったですかね」とも。

これには「僕もそうかも!」と曽我部さんも共感。「岡崎さんの漫画は『宝島』とかで。『宝島』ってすごいデカかったんですよ! 毎月買って本当に穴が空くほど…岡崎さんの“東京の街をウロウロするっていう青春”に本当に憧れて…」と曽我部さんは振り返ります。

「東京ガールズブラボー」の主人公は北海道から東京に出てきた女の子。頭の中は東京の情報でいっぱいという、自分と同じ境遇の主人公に、2人はとても影響を受けたようです。

そんな曽我部さんは東京に来てビックリしたことがあるそう。

「普通の人たちがほとんどじゃないですか! すごいファッショナブルな人を目指して来たんだけど、ほとんどが普通のシャツを着ていて。“東京ショック”っていうか」(曽我部さん)

しかし、その“普通”に埋没していく感じも気持ちよかったそう。

一方、志磨さんは東京に出て来たばかりの時は、「東京に出て来て、すれ違う人みんなが他人っていうのが初めての感覚で。『この街の人は誰も僕のことは知らないのか』って。当たり前なんですけど(笑)」と当時、かなり孤独を感じていたことを明かしました。

さらに、志磨さんが上京当時お金がなかったことや、生活での苦労に打ちのめされた経験を話すと、曽我部さんは「お金はなかったけど、僕は『こんな中で自分が一番有名になれるんだろうか?』って。一番有名になるつもりで来たんだけど、バンドだっていっぱいいて、みんなが有名になりたいと思っている中で、自分だけがピックアップされて、有名になれるんだろうかっていう不安と孤独感と。でもそれがすごく気持ちいい孤独感でしたね」と話しました。

志磨さんは曽我部さんのこの感覚に驚いたものの、「でも、それはなんとなく曽我部さんの音楽に通底というか…。『気持ちのいい孤独感』みたいな、『風通しのいい感じ』が、あるような気がしました」と納得したようです。

音楽で成功するという同じ夢を持って上京してきた2人、それぞれの思う「東京」のイメージや思いがたくさん聴けた対談となりました。

【番組情報】
番組名:特別番組「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL MY TOKYO STORY」
放送日時:9月18日(月・祝)9時−17時55分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/holiday/20170918/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy