体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『9月19日はなんの日?』ナイル・ロジャース65歳の誕生日、1年半ぶり来日公演直前

『9月19日はなんの日?』ナイル・ロジャース65歳の誕生日、1年半ぶり来日公演直前

 9月19日は音楽プロデューサー/ギタリスト、ナイル・ロジャースの65歳の誕生日。

 ナイル・ロジャースは1952年9月19日、アメリカ・ニューヨーク生まれ。1977年にベーシストのバーナード・エドワーズらとシック(Chic)を結成し、デビュー。当時全盛期を迎えていたディスコ・ブームに乗って「おしゃれフリーク」(1978年)、「グッド・ タイムス」(1979年)などが全米ビルボードNo.1の大ヒットを記録し、瞬く間に人気者に。80年代にはエドワーズとのタッグでプロデュース業を本格化させ、デヴィッド・ボウイ『レッツ・ダンス』(1983年)やマドンナ『ライク・ア・ヴァージン』(1984年)といった世界的大ヒット作を筆頭に、ダイアナ・ロス、ミック・ジャガー、デュラン・デュランなどトップ・アーティストを手がけ、時代をリードする敏腕プロデューサーとしての地位を確立した。

 近年では2013年に大ヒットを記録したダフト・パンク「ゲット・ラッキー」への参加によって、その存在が改めて幅広い世代に浸透。ディスコをはじめ80年代ミュージックのリバイバルという時代の追い風も受け、現在もシーンの第一線で活躍を続けている。今年8月にカナダで予定されていたコンサートを体調不良を理由に欠席したロジャースだが、現在は体調も無事回復した模様。9月20日におこなわれるデュラン・デュランとの日本武道館公演にも予定通り出演する。

関連記事リンク(外部サイト)

デュラン・デュラン 9年ぶりの日本公演決定! 東京にはCHIC feat. ナイル・ロジャースも
グレンフェル・タワー火災のチャリティ・シングルMVが公開 R・ダルトリー/1Dリアム&ルイ/ストームジー/バスティルら多数のアーティストが参加
アンダーソン・パーク/ブルーノ・マーズ/ナイル・ロジャース/ディスクロージャーがアビイ・ロード・スタジオで作業する模様が公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy