体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

しなまゆ 225分41曲の衝撃! ワンマンで新曲「陽だまりの子」含む発表曲を全て披露

しなまゆ 225分41曲の衝撃! ワンマンで新曲「陽だまりの子」含む発表曲を全て披露

 立川謹製POP-ROCKバンド、しなまゆ。発表曲を全て披露するという超長距離耐久ライブ【しなまゆ全曲やるよっ!ワンマン】を、2017年9月17日に東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREで開催した。

しなまゆ ライブ写真(全7枚)

 この無謀な企画はスタッフの「何か面白いことやろう」という問いかけにメンバーが「どうせなら人がやらない事、発売した曲、全部やるなんて、どう? リリースした区切りにもなるし」と乗っかりスタート。この日は台風が日本縦断、渋谷も夕方からの大荒れの天気が予想され、正に風雲急を告げるライブとなった。

 いしわたり淳治プロデュースでバンドの転機となった楽曲「恋をしている目をしている」からスタートした第一部のステージは「イエティ」「サタデーフライト」「ラブコメしたいの」「チャイニーカンフーセンセーション」など代表曲を連ね快調なテンポの中、全23曲を披露。

 後半戦、第二部は「Good-choki-paa!」でスタート。疲れを見せないモリユイ(vo)は「まだまだ行くよ!」とオーディエンスを煽る。途中、この夏に発売した2ndアルバム『クランク・イン!』を中心としたブロックでは、アルバムのリード・チューン、まるでこの日の耐久ライブを暗示したかのような、炎天下の地元・立川を一日中走り続け撮影したMVの楽曲「Regret」、そして初めて男性ヴォーカリストとのコラボレーションにも挑戦した「AとB with Takumi from Swimy」では、フィーチャリングゲストとしてSwimyのTakumiが登場し、終盤のステージを盛り上げた。

 200分を超えるステージ、そして既発売の楽曲を演りきったメンバーに大きなアンコールが沸き起こり、まずはボカロPとして大ヒットを連発するクリエーターれるりりとの異色のコラボレーションで生まれた楽曲で、この日に急きょ配信をスタートした「陽だまりの子」を披露。そして225分のステージ、41曲目に演奏されたのは、本邦初公開、まだタイトルも付いていないヴァージン・ソング。このタイトルのない曲で長い長いライブを締めくくった。

 ステージを降りたメンバーの第一声は「疲れたー」。言葉とは裏腹なファイト溢れる顔で「ファンのみんなは、どう思ったかな。でも私たちは、やれて良かった!」と語っていた。

◎セットリスト
【しなまゆ全曲やるよっ!ワンマン】
2017年9月17日(日)東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
<1部>
01.恋をしている目をしている
02.Amie
03.イエティ
04.Twinkle Star
05.ダンス社会人
06.ミスト
07.1人ぼっちチャンネル
08.サタデーフライト
09.浮力
10.リリカ
11.ラブコメしたいの
12.Bambi
13.よこがお
14.not yet
15.咀嚼
16.344
17.チャイニーカンフーセンセーション
18.1つだけ
19.傘
20.スポンジ
21.子供のうちに
22.ストロベリーフィールズ
23.バイバイの時間
<2部>
01.Good-choki-paa!
02.ハイブリッド
03.エイリアンエイリアン
04.フラミンゴ 14世
05.ことば
06.Switch!
07.オレンジ
08.まだ言わない
09.Regret
10.Flower
11.Contour
12.grow
13.AとB with Takumi from Swimy
14.コスメテッィク
15.好きな人
16.君以外いらなくて
Enc-1.陽だまりの子
Enc-2.新曲

◎リリース情報
新曲「陽だまりの子」
2017/09/17 DIGITAL DISTRIBUTION
DISA-0260 価格250円
レコチョク:http://bit.ly/2fwBNQl
iTunes:http://apple.co/2yaEQot

関連記事リンク(外部サイト)

しなまゆ『クランク・イン!』モリユイ(vo,g/立川代表)インタビュー
しなまゆ 「今日はアルバム全曲やります!」立川謹製ニューアルバム『クランク・イン!』発売記念ライブ開催
しなまゆ 新曲「まだ言わない」人気モデル・越智ゆらの出演のMV公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。