体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【フランクフルトモーターショー2017】注目の車を紹介

▲2年に一度、フランクフルトメッセで開催されるフランクフルトモーターショー。各メーカーが巨大なブースを設置していた

▲2年に一度、フランクフルトメッセで開催されるフランクフルトモーターショー。各メーカーが巨大なブースを設置していた

デビューラッシュだったフランクフルトモーターショー2017

欧州三大自動車ショーのひとつであり、2年に一度開催される世界最大規模の自動車ショーIAA(国際モーターショー)、通称フランクフルトモーターショー。地元ドイツ勢はニューモデルラッシュ、さらにベントレーは、あの売れ筋モデルを投入と見どころは多かった。

▲BMWのSAVラインナップの頂点に立つモデルとして、デビューが予想されるX7を示唆するスタディモデル。3列シートが備わり、威風堂々としたスタイルが印象的。なによりも巨大なキドニーグリルに目が奪われた

▲BMWのSAVラインナップの頂点に立つモデルとして、デビューが予想されるX7を示唆するスタディモデル。3列シートが備わり、威風堂々としたスタイルが印象的。なによりも巨大なキドニーグリルに目が奪われた

▲アウディは、フラッグシップセダンのA8をデビューさせた。ボンネットとフェンダーの隙間が、そのままボディサイドのプレスラインにつながるきめの細かいデザインが印象的。このラインを指でなぞる人も多かった

▲アウディは、フラッグシップセダンのA8をデビューさせた。ボンネットとフェンダーの隙間が、そのままボディサイドのプレスラインにつながるきめの細かいデザインが印象的。このラインを指でなぞる人も多かった

▲英国の雄、ベントレーからは、3代目となる人気のコンチネンタルをアンベール。話題のSUV、ベンテイガで採用されたW12ツインターボを搭載。最高出力635ps、8速ツインクラッチとの組み合わせで0-100km/h加速は3.7秒

▲英国の雄、ベントレーからは、3代目となる人気のコンチネンタルをアンベール。話題のSUV、ベンテイガで採用されたW12ツインターボを搭載。最高出力635ps、8速ツインクラッチとの組み合わせで0-100km/h加速は3.7秒

▲ポルシェは8月に発表したカイエンのフラッグシップモデルとなるカイエンターボを、実質的なお披露目の場であるフランクフルトモーターショーに投入。Vバンク内にターボを収める、新世代の4L V8ツインターボにより最速SUVを目指す

▲ポルシェは8月に発表したカイエンのフラッグシップモデルとなるカイエンターボを、実質的なお披露目の場であるフランクフルトモーターショーに投入。Vバンク内にターボを収める、新世代の4L V8ツインターボにより最速SUVを目指す

▲メルセデス・ベンツは、Sクラスクーペ、カブリオレをマイナーチェンジ。写真のAMG仕様をはじめ、多数の2ドアSシリーズが展示されていた。有機ELが用いられたテールランプや、先進の運転支援システム、ADASを採用
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy