体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

脳神経外科医が選ぶ「脳がビックリする映画」

脳神経外科医が選ぶ「脳がビックリする映画」
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「Amazon Prime Video ANYTIME, ANYWHERE」。

9月19日(火)のオンエアでは、大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人、常盤貴子らが出演している映画「アフタースクール」を紹介していただきました。この週は菅原脳神経外科クリニック院長の菅原道仁さんに、「脳がビックリする映画」をテーマにセレクトしていただいていますが、実は「脳がビックリする映画」として、菅原さんの頭に1番最初に浮かんだのがこの作品だそうです。

「好きな映画は何度も見直すことがあると思いますが、この映画はすぐに『2度目が見たい!』と思った映画の1つです」(菅原さん、以下同)

この映画の監督は、どの作品も、先の読めない展開と意外なラストで観客を驚かせる作品をずっと作り続けている、内田けんじ監督。その中でも、菅原さんは「アフタースクール」が大好きなのだそうです。

同作では社会に出て、それぞれ違う世界をもってしまった3人の同級生を中心に描かれています。その微妙な関係が巻き起こす、想像を超えた展開が繰り広げられて、まさに“大人の放課後”を映画にしたような作品だそう。

「公開時のキャッチコピーが『甘くみてるとダマされちゃいますよ』というものなのですが、私は見事に騙されました。張り巡らされた伏線がラストに向かって回収されていく様は、内田けんじ監督ならではだと思います。セリフのひとつひとつにも、たくさんの意味を含ませています。ぜひ、最初は予備知識なしで見ていただいて、複数回、楽しんでいただければと思います。ちょっとした伏線が『ここに繋がっているのか!』と気付かされ、脳を刺激されてたまらない快感が待っています」と熱く語ってくださいました。

別所も内田監督に注目しているそうです。「『運命じゃない人』もカンヌ映画祭で注目されました。奇想天外でドキッとします!」と、おすすめしていました。皆さんもぜひ。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy