体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1970年代「アーティストが住みついたビル」を味わう、日本橋

1970年代「アーティストが住みついたビル」を味わう、日本橋

「アーティストが住みついたビル」というコンセプトの新しいスポットが、2017年9月16日にオープンした。場所は、日本橋。

一棟ビル丸ごと使ってアート・音楽・食を発信するとあって、そのこだわりの世界観はフロアごとに見ていくのが面白そうだ。

THE A.I.R BUILDING』と呼ばれ、築60年のビルをリノベーションしているこのビルは、もう少し深くコンセプトを掘り下げていくと「Gilles(ジャイルス)というNY出身の架空のジャズミュージシャンが1970年代に住んでいた」というものだ。

B1F
「BASEMENT」

1970年代「アーティストが住みついたビル」を味わう、日本橋

地下には、ギャラリー展示や、DJ・バンドのライブもできる「BASEMENT」。サウンドシステムも本格的だ。

1F
「PUBLIC SPACE」

1970年代「アーティストが住みついたビル」を味わう、日本橋

1Fはカフェになっていて、アーティストのラウンジ×キッチン、というテーマ。

世界最高ランクの紅茶を扱うティーブランド「LUVOND TEA」を中心に、スパークリング・ティーやオーガニックのパンケーキ、グルテンフリーの濃厚チーズケーキも味わえる。

2F
「LOFT」

1970年代「アーティストが住みついたビル」を味わう、日本橋1970年代「アーティストが住みついたビル」を味わう、日本橋

60年前の天井板を活かした棚などが目を引く2Fは、まさにアーティストのワークスタジオ兼住居。その他、ポップアップショップや、撮影用にスペースレンタルも可能とのこと。

ベットを使わないときは収納して、空間を広くすることも。

3F
「BOX OFFICE」

1970年代「アーティストが住みついたビル」を味わう、日本橋

3Fは、コワーキングスペース。クリエイターやノマドワーカーの拠点となる。

East TOKYOから
物や情報を発信

1970年代「アーティストが住みついたビル」を味わう、日本橋

かつて映画や雑誌で見て想いを馳せていた、1970年代の「アーティストが住みついたビル」。それらを現代のライフスタイルに絶妙に落とし込んだのが『THE A.I.R BUILDING』の最大の魅力なのかもしれない。Photo by rick_wu (Keiichi Kureshima)Licensed material used with permission by THE A.I.R BUILDING,(Instagram),(Facebook)

関連記事リンク(外部サイト)

出会うことが青春だった。ストリートスナップで見る、「1970年代原宿の風景」
東京の再開発が進む今だからこそ「シブいビル」に熱視線を
もしも「THE NEW YORKER」を東京に置き換えたら。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy