体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Luv-Enders、THE MODS森山&KOZZY IWAKAWA 共同プロデュース作品で堂々デビュー

Luv-Endersのデビューアルバム『Luv-Enders’ Invasion!』が、9月20日にリリースされる。
Luv-Enders (okmusic UP's)

Luv-Endersは、50~60年代ロックンロールからパンクロックまで、ロック全般をこよなく愛する、東京生まれLA育ちの21歳女性ボーカリストAKIRAを中心に2017年結成された、平均年齢25歳のニューカマー。

森山達也(THE MODS)とKOZZY IWAKAWA(THE MACKSHOW, THE COLTS)がプロデュースを手がけた今作は、古き良きロックンロールからブリティッシュ・ビート〜パンクロックの名曲がパワーポップ・チューンで蘇らせた、2017年最新型ポップ・ビート・カバー・アルバム。60年代にスキーター・デイヴィスが大ヒットさせたナンバー「THE END OF THE WORLD」のカバーから、ビートルズ、ローリング・ストーンズ、ザ・フー、キンクス、スモール・フェイセス、ラモーンズ等の名曲を収録している。

11月1日には、アルバムのリリースを記念したライヴも開催されるのであわせてチェックを。
アルバム『Luv-Enders’ Invasion!』
2017年9月20日発売

SPACE-007/¥2,000+税

<収録曲>

1. Misery (music & Lyrics: Lennon, McCartney )

2. Tell Me (music & Lyrics: Jaggar, Richard)

3. The End of the World (music: Arthur Kent / Lyrics: Sylvia Dee)

4. The Kids Are Alright (music & Lyrics: Townshend)

5. My Mind’s Eye (music & Lyrics: Marriott, Lane)

6. The KKK Took My Baby Away (music & Lyrics: Joey Ramone)

7. Till the End of the Day (music & Lyrics: R. Davies)

8. Lightnin’ Bar Blues (music & Lyrics: H. Axton)

9. Because (music & Lyrics: Dave Clark)

10. Up Around the Bend (music & Lyrics: J. C. Fogerty)

『Luv-Enders Invasion! vol.one』
11月1日(水) 下北沢 LIVEHOLIC 
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。