体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

グアムのおすすめ観光スポット40選

グアムのおすすめ観光スポット40選

日本から約3時間30~45分と比較的短い飛行時間で行ける常夏の島グアム。もっとも気軽に行けるリゾート地のひとつですよね。

また、3日間あれば行けるし、お値段も手ごろ。今回はそんな大人気のリゾート地グアムのおすすめスポットをご紹介します!

*編集部追記
2014年3月に公開された記事に追記しました。(2017/06/17)
2014年3月に公開された記事に3選追記しました。(2017/09/19)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

グアムに行ってみての感想

photo by pixta

私がグアムを訪れたのは11月頃で、ちょうど雨季も終わり乾季が訪れていました。晴れた日が多く、思いっきりリゾート気分を満喫できました。グアムは日本よりもずっと日差しが強く、日焼け止めは必須です。必要な方はサングラスを持っていくか、現地で購入しましょう。

グアムの人はフレンドリーで目が合うと「Hi」と挨拶してくれました。日本人観光客が多いためか日本語が通じる場所も多く、ショッピング施設も充実していました。言語が心配な方でも、グアムなら気張らずに行けそうです。

食事にはあまり期待していなかったのですが意外とおいしく、グアムにまた来たいという気持ちが湧きました。

 

観光する際のアドバイス

photo by pixta

グアムの治安は比較的良いですが、それでも全く安全というわけではありません。夜の一人歩きにはそれなりの危険が伴いますし、盗難、スリ、置き引きなどもあります。

物価は日本とさほど変わらないか、少し高い程度です。物資を輸入に頼っているため、アメリカ本土よりも多少高いものもあります。しかしながらグアムは輸入関税のかからないフリーポートの島なので、ブランド品などが割安で買えるため、ショッピングにもおすすめ。

グアムの衛生面はそれほど悪くありませんが、やはり日本と同じレベルのものを期待してはいけません。公衆トイレなどは汚い場合も多いです。

 

ベストスポット

photo by pixta

私がおすすめするのは、グアムで一番美しいといわれている「リティディアンビーチ」です。真っ白な砂と真っ青な空が魅力で、ぜひとも泳いでみたいものですが、ここは流れが早いので遊泳禁止です。

泳げはしないですが、その美しさはお墨付き!このビーチがあるリティディアン岬は、国定野生動物保護区に指定されており、自然豊かな場所なのでゆったりと楽しめます。リティディアンビーチは星の砂が見付かるビーチとしても知られているので、興味のある方はぜひ探してみてはいかがでしょうか?
グアムのおすすめ記事はこちらです
❐グアム旅行に必要な持ち物・あると便利なもの・必要ないものまとめ
❐ハワイとグアムはどう違う?8つのポイントで徹底検証
❐やっぱり綺麗な海が好き!サイパン・グアムから「ロタ島」へ

 

*編集部追記(2017/09/19)
以下、観光スポットの一覧となっています。

 

1.タモン地区

pixta_15510060_M
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。