体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

原宿の「KAWAII MONSTER CAFE」が「モンスターパレス」に変身!?究極のダークテーブルテインメントを体験してきた♩

monster palaceこれは夢なの?それとも現実?

日常では出逢うことのない美しく妖艶な世界に、うっかり足を踏み入れてしまったような気分になれる、この冬注目のイベント「モンスターパレス」をご存知でしょうか。

東京の新ナイトスポットとして12月よりスタートする「モンスターパレス」は、原宿にある「KAWAII MONSTER CAFE HARAJUKU」がモダンな暗闇空間に変身し、食とエンターテインメントを楽しむ、刺激的な“ダークテーブルテインメント”

monster palace

ステージを中心に展開されるショーは、世界でも有名な戯曲や物語をベースとしており、物語の進行に合わせてコース料理が各テーブルにサーブされるという、何ともユニークな企画なんです。

今回その「モンスターパレス」がひと足先にお披露目ということで、早速お邪魔してきました!

ブラックライトで光る怪しげなウェルカムドリンク

まず会場に入ると、その暗さに驚き!明かりは小さな照明とキャンドルしかありません。

monster palace

おそるおそる席に着くと、フランケンシュタインのようなウェイターに、本日のメニューを見るよう促されます。

ライトで照らすと文字が…

monster palace

本日のテーマはシェイクスピアの「真夏の夜の夢」

流れ的にはショーが1幕終わると、ストーリーとリンクしたお料理が1品ずつ登場するという感じなのですが、美しいダンサーやアクロバティックなショーを眺めているうちに、物語の世界観にぐんぐん引き込まれていきます。

monster palace

キャストは皆、世界最高峰のサーカス集団、シルク・ドゥ・ソレイユで活躍していたメンバーや、元オリンピック体操選手など超一流のパフォーマーばかり。

このクオリティのショーが間近で見られるのは、かなり贅沢です。

豪華食材のオンパレード

手渡されたメニューには、お料理のテーマが書いてありました。

monster palace

1品目はフォアグラにサマートリュフ

monster palace
1 2次のページ
生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。