体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

”産後創業”で自分らしいキャリアを築く女性たちに、「働き方改革」のヒントを聞いてみた

 

昨年8月に発足した第2次安倍内閣で「働き方改革担当大臣」という新ポストができて以来、「働き方改革」という言葉をよく耳にするようになりました。その大きな目的は「経済再生」です。人口の減少に伴って労働力が減る上に、育児や介護で労働現場から必要な人材が流出してしまうことが課題とされ、共働き世帯も当たり前となってきた昨今では、あわせて女性の働き方にも注目が集まっています。

 

新入社員で、男女関係なく同じタイミングでキャリアのスタートを切ったはずなのに、途中で発生する“クエスト”は、女性の方が多くあります。しかも、自身のキャリアと切っても切り離せない関係にあるのがポイントです。

 

結婚ひとつとっても、「共働き」「専業主婦」どちらを選ぶのか、結婚したらしたで、子どもは「生む」のか「生まない」のか、さらに、「生む」としたらいつなのか、それが自分の昇進時期とかぶったらどうするのか、などなど。

 

圧倒的に男性社員より選択肢が多いのが事実ですから、悩む回数も多くなりますよね。

 

そんな中、アパレルやコスメなどのブランドを、しかも産後に立ち上げた女性たち4人が合同で展示販売会を開くというので、一体どうしてその働き方を選んだのか、女性の働き方改革に何かヒントはないか、お話をうかがってきました。

 

4人に共通しているのが、皆「元会社員」であること。これは、「もう、やってられるかー!」 という事態があって、会社を辞めてきたのかもしれない、結局働き方改革なんて進まないのでは? と、邪推たっぷりにお邪魔しましたが、見えてきたのは「女性が働きづらい会社」は、他の社員にとっても働きづらい会社なのでは? ということでした。

 

 

ファッションブランド「Ayuwa(アユワ)」 代表 渡部雪絵さん

金融機関や報道機関で忙しく働く中、コーディネート不要で、一枚でサラッと着られるワンピースにとても助けられました。やっぱり、忙しくてもオシャレは忘れたくないですよね。機能的でエレガンスなワンピースを提案するブランドとして、昨年春にリリースしました。

 

シューズブランド「lelys*(ルリス)」 代表 豊島愛華さん

ずっと営業職をしてきて、私自身も営業支援で創業しました。長年外回りをする中で、歩きやすくてオシャレな靴をずっとずっと探していたのですが、本当に、ずっと巡り合えなかったんです。だから、営業職女性としての自分の理想を、靴に全部詰めました。

 

コスメブランド「Bio Medi(ビオ メディ)」 代表 岡本鏡子さん

化粧品メーカーで、8年に渡って企画立案から製造、販売まで携わってきました。出産後に時短勤務をしていたのですが、本当に自分が作りたかった商品を育てていきたいと思い、退職して昨年の夏に、思い切って起業しました。

 

バッグブランド「Riz Crutch(リズ クラッチ)」 代表 小野梨奈さん

私は、女性向けのウェブメディアを運営する会社で、編集の仕事をしていました。その後独立し、フリーランスで働くお母さんに役立つメディア「Rhythmoon(リズムーン)」の運営を初めて11年になります。長く編集の仕事をしていると、ペンやメモ帳、ボイスレコーダーなど、こまごましたものを持ち歩くことが本当に多くて。編集者やライター目線でお仕事用バッグを作りました。

 

そして、このイベントのPRを担当されている井上千絵さんも、産後に独立し事業を開始されたとのことで、お話を聞かせていただきました。

 

_聞けば皆さん、小さいお子さんがいらっしゃるのだとか?

 

豊島:はい。実は皆、産後にブランドを立ち上げたんです。私は、lelys*(ルリス)の立ち上げと自分の出産がちょうどかぶっていました。

1 2 3次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。