体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

安室奈美恵、故郷沖縄でデビュー25周年記念野外ライヴ開催

安室奈美恵が、9月16日、17日の2日間にわたって、故郷沖縄でデビュー25周年を記念した凱旋ライヴ『namie amuro 25th ANNIVERSARY LIVE in OKINAWA』を開催した。
9月16日、17日@宜野湾海浜公園 (okmusic UP's)

会場は宜野湾海浜公園に特設された野外ステージで、1日26,000人、2日間計52,000人を動員。 沖縄での野外公演は、グループとして1996年に開催して以来で、ソロでは初めて。

巨大スクリーンに、いつもは見ることのないステージ裏の模様が映し出された。 青のミニワンピース姿の安室奈美恵と、ダンサーとの円陣が映し出され、「TRY ME〜私を信じて〜」のイントロとともにステージ上に登場。待ちわびた26000人のファンからは大歓声が巻き起こった。ソロデビュー曲「太陽のSEASON」で会場を煽り、さらにはSUPER MONKEY’S時代のデビュー曲「ミスターU.S.A.」を22年ぶりに披露した。

小室哲哉プロデュース時代の楽曲も多く披露。「Chase the Chance」では、20周年の5大ドーム公演でも魅せた、ステージの端から端へ全力疾走する演出も。約70mを走った直後でさえ一切ブレることなく歌う姿は、会場を大きく沸かせた。 史上最年少記録(当時19歳)で日本レコード大賞を初受賞した曲「Don’t wanna cry」では、<逢いたい人がいる>と歌いながら、ファン全員を指差すなど、会場が一体になっていた。

2000年の九州・沖縄サミット イメージソングだった「NEVER END」も、2006年の全国ツアー『namie amuro BEST tour “Live Style 2006”』(再々追加公演)以来、約11年ぶりに沖縄で披露。楽曲の終盤で繰り返される「NEVER END〜」の部分では会場全体に大きく手を振り、26000人のファンもそれに合わせるように左右に手を振った。

国民的ヒットナンバーとなったNHKリオ五輪 テーマソング「Hero」を最後に披露し、約2時間に及んだステージを完走。27曲を歌い、MCは一切無し。最後に「ありがとうございました! また遊びに来てね! バイバーイ!」と感謝を伝え、ステージを後にした。

5年前にも同じ会場で20周年記念ライブを開催予定だったが、台風の影響で中止。今回のイベントも、台風18号の影響でリハーサルや一部演出の変更を余儀なくされたが、無事に2日間を終えた。 安室は「台風の中、会場にたくさんのファンの方々が来てくださって無事、デビュー日に沖縄ライブが出来たことを心から感謝しています」とファンに感謝のコメントを残した。

イベント動員数は2日間で計52,000人。沖縄のアーティスト単独公演史上最多動員数となり、絶大な人気を証明した。25年間トップを走り続け、CDやDVDのオリコンセールスはトータルで3,700万枚。10代、20代、30代でミリオンセールスを記録している唯一のアーティストでもある。ライヴ公演数は693公演目、計415万人動員という驚異的な数字が並ぶ。ファッションでも社会現象を巻き起こし、今や日本のみならずアジアでの人気も絶大だ。

10月からはフジテレビ系アニメ『ワンピース』の2度目の主題歌として新曲「Hope」が決定し、同じく10月から始まる話題の宮藤官九郎が手がけるTBS系 火曜ドラマ『監獄のお姫さま』主題歌を歌うことも決定している。

また、今回のライヴ『namie amuro 25th ANNIVERSARY LIVE in OKINAWA』の模様は、 WOWOWで10月22日の19時から放送される。
WOWOWプライム『安室奈美恵 25th ANNIVERSARY LIVE in OKINAWA』

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。