体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

注目の和菓子が大集合!「あんこ博覧会」開催


近年、日本の美しい芸術として海外からも注目の「和菓子」が日本橋に集結!9月20日(水)~26日(火)、三越日本橋本店・催物会場にて「あんこ博覧会」が開催される。


会場では、アイスクリーム屋さんのように可愛いらしくあんこが並ぶあんこスタンドや、天然水で仕上げたオシャレなおしるこのフラッペ、あんこと食材のマッチングが楽しめるあんこ料理など、あんこの新しい可能性を様々なテイストで紹介。もちろん王道の羊羹や大福など、伝統的なあんこのおいしさも揃っている。和菓子協会認定の優秀和菓子職人による「チーム和菓子」も百貨店初お目見えし、あんこの多彩な美味しさや美しさが楽しめる。数ある出品作の中から、三越日本橋限定商品をいくつか紹介しよう。


上の写真は、「匠あんこ堂(かねご製餡)」による、「のっけてあんこ」1個(餡1種・スポンジ付)各324円/トッピング各種(全4種)各108円。粒餡・こし餡・リンゴ餡・抹茶餡など10種の餡と、寒天・白玉など4種のトッピングを組み合わせて、奥深いあんこの世界が楽しめる。あんこスタンドにて販売。


こちらは、「青森県産あべ鶏のオーブン焼き 大納言かの子豆と彩り野菜のイタリアンハーブ炒め添え」100gあたり540円。イタリアンチーズやチキンと餡とののマリアージュが楽しめる。


ほかにも、最中や大福や羊羹など、あんこを使った美しい和菓子がいっぱい!普段あんこをあまり食べない、という人もぜひ一度訪れてみてはいかがだろうか。どこか懐かしけど新しい“あんこ”の素晴らしさが再発見できるかも。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。