体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

下町の味とフレンチの融合

9月16日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系、午後12時00分~)では、下町・蔵前の新グルメを特集した中で、「Nabeno‐Ism (ナベノイズム)」(東京都台東区)が紹介された。

下町の味とフレンチが融合した料理がいただけるこちらのお店。
隅田川に面した絶景のテラス席で、「ランチコース」(10,000円)をいただいた。

和食で言う「突出し」と同じ意味合いの「アミューズ」は、フランス産発酵バターと浅草銘菓が使われた前菜だ。
メイン料理の「国産牛フィレ肉のグリエ」は、牛フィレ肉にバーボンで風味を付けた焦がしトウモロコシのコンソメスープをかけていただく一品。

「アミューズ」を一口食べた石塚英彦さんは「皆さんもおこしください」と笑顔を見せた。「僕らが知っているバターという概念ではないですね。口に入れた瞬間サーッと液体に変わりますね」とコメント。

「国産牛フィレ肉のグリエ」を一目見た石塚さんは「豪華な麻雀パイですね~。これはすごいぞ…」とニッコニコだ。
コンソメスープがかけられると「すんごいいい匂いしてきた!」と大興奮。
「コンソメスープ」を一口飲むと「おー…、良いお味ですねぇ…。おまいうーですよ!おまいうー!」と思わず定番の“まいうー”を丁寧にコメントした。
一切れ頬張ると、「う~ん!…石塚英彦、ただいま人生のピークを迎えました」と宣言。「こ~れ~は、まいうー!これコーンクリームってまた、ものすごい相性ですね!いや、すんごいですよこの味!」と大絶賛した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:Nabeno‐Ism (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:浅草のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:イタリアン・フレンチのお店紹介
ぐるなび検索:浅草×イタリアン・フレンチのお店一覧
食べたら誰もがとりこになる果実、ポポーを使ったパフェ
季節ごとに変わるソースも◎特製ローストチキン!

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。