体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

食品添加物の体への影響って結局どうなの?現代人なら知っておきたい添加物のこと

多くの食べ物に含まれている食品添加物!

保存性を高めたり発色を美しくしたり……多くの加工食品やお菓子、惣菜、パンなど、あらゆる食品に使用されている「食品添加物」。

例えば、コンビニ弁当。
色・味・見た目・保存性などを良くするために「香料・着色料・保存料」などの多くの添加物が含まれています。その数は、お弁当のおかず1品につき約20種類~30種類、お弁当全体で150~200種類と言われています。

人間の体は添加物を上手く分解できません。
そのため、代謝が悪くなり、脂肪も分解されづらくなっていくという悪循環が生まれます。

毎日コンビニ弁当の多量で豊富な添加物を摂取していると、たとえカロリーが低いと安心していても太ってしまうかも……!

そんな、現代人ならちょっと気になる食品添加物について、ロングセラーのダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社が、調査レポートを公開。今回はその内容をご紹介します!

食品添加物は、体に悪い? 摂り過ぎると太る?

「体に悪そう」「なるべく避けたほうが良さそう」

食品添加物と聞くと、このような漠然としたイメージが思い浮かぶかもしれません。
しかし「食品添加物」は天然由来も人工的なものも、食品に添加する物質のことは一括りに「食品添加物」と呼ばれております。

例えば、豆腐の製造に必須の「にがり(塩化マグネシウム)」も食品添加物です。
食品添加物すべてが体に悪いとは一概には言えませし、必ずしも人工的な合成添加物が悪く、天然由来が体に害がないというわけでもないのです。

反対に、天然由来であっても食品への使用が禁止されたものもあります。

食品添加物の分類一覧

食品添加物の種類は厚生労働省により以下のように分類されています。

●指定添加物 449品目
天然・合成の違いに関わらず、安全性を評価した上で厚生労働大臣が指定したもの。
例)ソルビン酸、キシリトールなど。

●既存添加物 365品目
天然添加物のことで、日本で長い食経験があるものについて、例外的に指定を受けることなく使用・販売などが認められたもの。
例)クチナシ色素、柿タンニンなど。

●天然香料 約600品目
動植物から得られる天然の物質で、食品に香りを付ける目的で使用されるもの。長年の食経験で健康被害がないとして使用が認められているもの。
例)バニラ香料、カニ香料など

●一般飲食物添加物 約100品目
一般に飲食に供されているもので添加物として使用されるもの。
例)イチゴジュース、寒天など。

身近な食品でよく見かける添加物


【乳化剤】

乳化剤は水と油のように、通常では分離してしまう性質のもの同士の性質を変え、混ざりやすくするために使われます。

●合成
例)グリセリン脂肪酸エステル/ショ糖脂肪酸エステル/ソルビタン脂肪酸エステル/リン酸塩 など

●天然由来
例)大豆レシチン/大豆サポニン/卵黄レシチン/オオムギ殼皮抽出物 など

この中で注意をしたいのが「リン酸塩」です。
リン酸塩は、子供が好きなプロセスチーズや、ハム・ソーセージなどの加工肉に多用されており、乳化剤としての用途以外にもPH調整剤などとしても用いられます。

1 2次のページ
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。