体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ポール・マッカートニー&ブルース・スプリングスティーンが豪華共演

ポール・マッカートニー&ブルース・スプリングスティーンが豪華共演

 現地時間2017年9月15日に開催された米ニューヨークのマディソン・スクウェア・ガーデン公演の前に「今夜はとても思い出深い夜になる」と話し、ライブに挑んだポール・マッカートニーだが、アンコールにブルース・スプリングスティーンを登場し、本人はもちろんファンにとっても思い出深い夜となったようだ。

 スプリングスティーンことボスがステージに立った際、彼のファン雑誌“Backstreets magazine”は、「サー・ポール・マッカートニーのマディソン・スクウェア・ガーデン公演で、たった今“I Saw Her Standing There”を演奏する前にブルース・スプリングスティーンを紹介した。時間オーバーになりませんように!! #OneOneOne」と投稿。

 ボスは、ポール、彼のバンド、さらには自身のバンド=Eストリート・バンドのギタリスト、スティーヴ・ヴァン・ザントとともに1度ではなく、2度も「I Saw Her Standing There」をプレイした。公演後、ポールは自身のTwitterに「ボスと思いっきりロックした―あまりにも出来が良くで、2度もやらなくちゃならなかった」というコメントを投稿している。その場にいたスティーヴ・ヴァン・ザントの妻は、「3時しか寝ていないけれど、本当に素晴らしい夜だった!ポール・マッカートニーのショーに匹敵するものはない。バンドは素晴らしいし、曲も最高で、みんなすごくいい人。魔法みたい」と興奮を隠しきれない様子だった。

 また、この日のライブでは、レア曲「A Day in the Life」も披露された。

◎ポール・マッカートニーによる投稿
https://twitter.com/PaulMcCartney/status/908909478967463936

◎ファンによる映像
https://youtu.be/cIKDbii1vZI
https://youtu.be/Pr4tVf10v0g

関連記事リンク(外部サイト)

シャルロット・ゲンズブール、約7年ぶりの新作にP・マッカートニー/O・パレットらが参加
フー・ファイターズ、最新ALにポール・マッカートニーがドラムで参加していることが明らかに
ポール・マッカートニーの“海賊”ヴィジュアルが日本初解禁、劇中では歌唱シーンも

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。