体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『9月18日はなんの日?』ジミ・ヘンドリックス、47回目の命日

『9月18日はなんの日?』ジミ・ヘンドリックス、47回目の命日

 “歴史上最も偉大なギタリスト”として音楽史に燦然とその名を刻む、ジミ・ヘンドリックス。2017年はデビュー作『アー・ユー・エクスペリエンスト?』の発表から、ちょうど50年の節目となる。

 活躍の場を求めロンドンへと渡ったジミ・ヘンドリックスは、1966年にノエル・レディング、ミッチ・ミッチェルとともにジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスを結成。「ヘイ・ジョー」「パープル・ヘイズ」などをシングル・ヒットさせたのち、デビュー・アルバム『アー・ユー・エクスペリエンスト?』が1967年5月に英国でリリースされると、全英2位の大ヒットを記録。そして、その人気は瞬く間に海を渡り、母国アメリカへと広がっていった。

 ジミのアメリカ国内での人気を決定付けたのが、67年6月に米・カリフォルニア州モンタレーでおこなわれた【モンタレー・ポップ・フェスティバル】。同フェスでの激しい演奏とギターを燃やす伝説のパフォーマンスによって、アメリカの観衆を釘付けにしたジミは、8月に満を持して全米デビュー。『アー・ユー・エクスペリエンスト?』は全米ビルボード5位のヒットを記録した。以降、1970年に衝撃の死を遂げるまで、ジミ・ヘンドリックスは高いテクニックと独創性に溢れた圧倒的なパフォーマンスで数々の名演と伝説残し、死から半世紀が過ぎようとしている現在もなお多くのギタリストに絶大な影響を与え続けている。

関連記事リンク(外部サイト)

メキシコで発見された新種の植物、ジミ・ヘンドリックスにちなんで命名
『9月17日はなんの日?』X-MENシリーズ監督ブライアン・シンガーの誕生日、撮影中のフレディ自伝映画は2018年公開予定
『9月16日はなんの日?』T・レックス、マーク・ボラン没後40年

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。