体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【コードミステリ】数字に隠されたメッセージ【言語不問】解答と解説

【コードミステリ】数字に隠されたメッセージ【言語不問】

本問題は、表題のテーマで、簡単なプログラムを書くものです。

喜屋武ちあきさんによるCodeIQ MAGAZINEでのブックレビューに合わせて、『顔貌売人』(文藝春秋)とのコラボ問題として出題されたものです。
【コードミステリ】数字に隠されたメッセージ【言語不問】解答と解説

それでは以下、問題とその解答を見ていきましょう。

問題

各行から得られる正の整数(1~9999)を16で割ります。

得られた数字に応じて、以下の表を元に文字を得て、全て連結して出力して下さい。

各プログラミング言語の入出力の方法は、各言語の標準入出力サンプルを参考にして下さい。

以下、対応表です。
得られた数字
出力する文字
0
0
1
1
2
2
3
3
4
4
5
5
6
6
7
7
8
8
9
9
10
a
11
b
12
c
13
d
14
e
15
f

以下、入力例1です。

10
12
14
17

以下、出力例1です。

ace1

以下、入力例2です。

6562
5963
1450
2077

以下、出力例2です。

2bad

答え

この問題は、いくつかの解き方があります。

解法1

まずは、問題文の通りに解く方法です。各行から得られる整数を16で割り、その剰余を利用して対応する文字を取得します。

以下、実例のコードです。サンドボックスで試せる、Node.js用のものです。

// https://codeiq.jp/tools/sandbox/
// Node.js

// 解答1
process.stdin.resume();
process.stdin.setEncoding(‘utf8’);
process.stdin.on(‘data’, function (chunk) {
var lines = chunk.toString().split(‘n’);
var src = lines.map(function(x) {return x * 1});
var res = src.map(function(x) {
return ‘0123456789abcdef'[x % 16];
});
process.stdout.write(res.join(”));
});

「’0123456789abcdef'[x % 16]」の部分で、対応する文字を決定しています。16で割った剰余を利用して、文字列の中から対応する文字を選んでいます(JavaScrptは『文字列[添え字]』で、その位置の文字を取得可能)。

そして、「res.join(”)」の部分で文字を結合しています。

解法2

次は、対応する文字が16進数の値であることに注目した方法です。数値を16進数に変換して末尾の1文字を得ます。

以下、実例のコードです。サンドボックスで試せる、Node.js用のものです。

// https://codeiq.jp/tools/sandbox/
// Node.js

process.stdin.resume();
process.stdin.setEncoding(‘utf8’);
process.stdin.on(‘data’, function (chunk) {
var lines = chunk.toString().split(‘n’);
var src = lines.map(function(x) {return x * 1});
var res = src.map(function(x) {
return x.toString(16).substr(-1);
});
process.stdout.write(res.join(”));
});

「x.toString(16).substr(-1)」の部分で、対応する文字を得ています。16進数の文字列に変換したあと、末尾から1文字を得ています。

そして、「res.join(”)」の部分で文字を結合しています。ここは解法1と同じです。

解答の入力と出力

解答の入力と出力は、以下になります。

以下、入力1です。

6575
5962
1452
2078
1729
7314
595

以下、出力1です。

face123

以下、入力2です。

6573
5966
1450
2077
1732
7327
602
5916
7726

以下、出力2です。

dead4face

どちらの答えも、『顔貌売人』にちなんで『face』の文字が含まれています。対応する文字が『0123456789abcdef』なので、そこからアルファベット『abcdef』を利用して単語を組み立てています。

というわけで、小説『顔貌売人』もよろしくお願いします。
【コードミステリ】数字に隠されたメッセージ【言語不問】解答と解説

CodeIQ運営事務局より

柳井さん、ありがとうございました!
現在、柳井さんの最新問題が出題中です。
ぜひ挑戦してみてくださいね!

CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。