体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

出産直前でも妊婦だと気づかれない私のお腹。でも赤ちゃんはちゃんと育ってます!

f:id:akasuguope01:20170223221104j:plain 妊娠初期の3ヶ月位からつわりが始まり、一日中吐き気が酷くて、何も食べられず水を飲むのも辛い状態でした。まだこの頃はお腹は元と同じ大きさ。

妊娠4ヶ月になってもまだ嘔吐が続いていて、元々細身だったのに、体重も妊娠前から更に5kgほど減ってしまいました。体重も減り、元々よりもお腹はぺったんこになってしまったので、お腹の赤ちゃんに何かあったらと、とても心配で、吐いても吐いても、口に入る物は何でも入れていました。

この話を聞いた看護師さんが、「大丈夫!今は食べられる物を食べたらいいんだよ!食べられるようになったら食べたらいいんだから。栄養はちゃんと妊娠前にお母さんが蓄えていた分からもらえてるからね」と言ってくださり、この言葉に救われました。

妊娠5ヶ月入るとお腹が少しふっくらしてくると本で読んだのですが、私はつわりであまり食べられなかったので、まだぺったんこのお腹でした。

妊娠6ヶ月に入った頃には少しふっくらしてきました。この頃の腹囲は68.5cmでした。

妊娠7ヶ月には、腹囲は72cm、8ヶ月で77cmになり、自分ではお腹も大きくなってきた!と感じられるようになりましたが、服をきているとまだ人には妊娠していると気づかれない程の大きさだったのです。

ですのでこの頃は、インターネットで妊婦さんのお腹の大きさばかりを検索し、週数と画像を見て自分のお腹の大きさと比べては、自分のお腹が小さいことに不安を感じていました。

関連記事:大きくならないお腹に不安を感じていたけれど。振り返ればあっという間だった妊娠期間

このようにお腹が小さいことは、常々気にはなっていたのですが9ヶ月になった時に、友人に「こんな小さなお腹で、大丈夫?赤ちゃんの大きさは?」と聞かれたことでとても不安になり、健診の時に医師にたずねてみました。

医師からは、「確かにとてもお腹は小さいけれど、赤ちゃんは順調で大きさも標準ですので安心してくださいね。あまり気にしているとストレスになって赤ちゃんに良くないよ」と言われ、赤ちゃんはちゃんと育っているんだと安心しました。

臨月になっても、出産直前でも、私が妊婦だと知らない人には気づかれないほどのお腹でした。この時の腹囲は79cm、これが最後の計測値です。38週で予定帝王切開となりましたが、うまれた赤ちゃんは3000gほどで標準でした。

お腹が小さいとつい心配になりますが、妊婦健診で赤ちゃんの大きさが標準であれば、そんなに気にしなくても良かったんだなと思いました。

関連記事: いつから目立つようになる?妊娠中のお腹の変化を振り返ってみた

f:id:akasuguope01:20170223215614j:plain

著者:しょこらん

年齢:37歳

子どもの年齢:0歳と2歳

0歳の女の子と2歳イヤイヤ期真っ盛りの男の子のママです。上の子を32週の早産、緊急王切開で出産し、小さな我が子の育児に奮闘中に2人目を妊娠。2人目は、前回帝王切開のため、予定帝王切開でした。かわいい子どもたちと一緒にお料理やお菓子作りをしたり、公園へ出かけたりと毎日楽しく過ごしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

まだ若いのに大丈夫?と言われたけれど。欲しいと思った時が子作りのタイミング
妊娠で情緒不安定に。泣いて当たってばかりの私をしっかり受け止めてくれた夫に感謝!
育児と妊娠のダブルパンチでイライラ…。お医者さんの先輩ママに相談して心が軽くなった

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。