体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「よろしかったでしょうか」は間違い?意外と知らない“敬語マナー”

これから社会人になる人、または社会人になったばかりの人のなかには、敬語を使い慣れていない人もいるでしょう。敬語の使い方次第では常識がないと思われてしまうこともあります。そこで、敬語の一般的な使い方やビジネスシーンでよく使われる敬語を一覧にまとめてみました。

「よろしかったでしょうか」は間違い?意外と知らない“敬語マナー”

敬語の基本

正しい敬語をマスターするためには、敬語の基本を覚えることから始めましょう。敬語には尊敬語、謙譲語、そして丁寧語があります。尊敬語は相手を立てるときに使うもので、謙譲語は、自分をへりくだる時に使います。そして丁寧語は「です・ます」など日常でもよく使われているものです。このほか、言葉の表現を上品にするために使われる「美化語」があります。美化語には、「お・ご」をつけたものや、言葉自体を言い換えるものがありますが、ここでは電話や接客などビジネスシーンでよく使う尊敬語、謙譲語、そして丁寧語の3種類を一覧にしてみました。

まずはこれだけ!基本の敬語 一覧

動詞

尊敬語

謙譲語

丁寧語

する

なさる される

いたす

させていただく

します

いる

いらっしゃる

おる

います

言う

おっしゃる

申す

申し上げる

言います

行く

行かれる

いらっしゃる

おいでになる

参る

伺う

行きます

来る

来られる

いらっしゃる

おいでになる

お越しになる

参る

来ます

帰る

お帰りになる

おいとまする

帰ります

読む

お読みになる

拝読する

読みます

食べる

召し上がる

いただく

食べます

見る

ご覧になる

拝見する

見ます

聞く

お聞きになる

拝聴する

聞きます

会う

お会いになる

お目にかかる

会います

知る

ご存じである

存じる

知っている

ほかにもある!覚えておきたい敬語一覧

下記の名詞は、相手のことを表すときと自分(または自分たち)のことを表すときでは表現が変わる言葉で、ビジネスシーンではよく使われます。

相手のことを表すとき自分たちのことを表すとき

自分

自分たち

私(わたくし)

私ども

相手

○○様

貴殿 貴方(男性)

貴女(女性)

会社

貴社(書き言葉)

御社(話し言葉)

弊社

小社

御宅

拙宅

銀行

御行

弊行

貴店

弊店

地位

貴職

小職

普段よく使う「すみません」も、意味合いに応じ、より丁寧に言い表すことができます。合わせて押さえておきましょう。

すみません<謝罪>

申し訳ありません/申し訳ございません

すみません<感謝>

ありがとうございます/ありがとう存じます

すみませんが<恐縮>

恐れ入りますが

すみませんが<依頼>

お手数をおかけいたしますが/ご足労をおかけいたしますが

ビジネスシーンでよく見られる「間違い敬語」

ビジネスシーンでよく見られる「間違い敬語」

正しい敬語はビジネスマナーのひとつです。基本をマスターしておけばそれを応用することでさまざまなシーンに活用できます。しかし、敬語には間違えやすいものもあります。

ここからは、実践編として説明します。

第一に、よく間違えられる使い方は二重敬語等の過剰敬語です。気付かずに使ってしまう人が多いかもしれません。そしてもうひとつ気をつけたいのは誤った使い方です。世の中でよく使われているものでも、実は使い方を誤っているものも見られます。

【二重敬語(過剰敬語)】

(誤)ご覧になられる→(正)ご覧になる

(誤)お召し上がりになる→(正)召し上がる

(誤)お帰りになられる→(正)お帰りになる

(誤)おっしゃられる→(正)おっしゃる

【使い方が誤っている注意すべき文言】

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。