体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

突然抜けた歯は元に戻せるの?歯を失わないための適切な応急処置

突然抜けた歯は元に戻せるの?歯を失わないための適切な応急処置
歯がぐらぐらしてきて抜ける子どものころと違い、突然なにかの事情で歯が抜けてしまうと今後の生活に大きな支障を及ぼす危険性があります。

すぐに処置をしない場合は、歯並びが大きく崩れてしまうこともあります。

今回は、突然歯が抜けたり欠けてしまった際の対処法、注意点を歯科医に解説していただきました。

突然歯が欠けたり抜けてしまう原因は?

転倒する女性

外傷

転んだり、ボールがぶつかったりなどで強い衝撃が歯に加わった時に前歯に多いですが、歯が根っこごと抜け落ちてしまう場合があります。

過度な咬合力

歯並びの異常や、かみ合わせの変化により、一部分に強い力がかかってしまうと、歯が欠けたり、割れる原因になります。

交通事故

交通事故で歯を失う場合があります。歯又は口腔周囲に強い衝撃が加わると、歯が折れたり、抜けたりしてしまうことがあります。事故の場合、多くの補綴処置をすると後遺症認定される場合もあるため、歯の治療は後回しになりがちですが早急に行うことをオススメします。

虫歯

銀歯の中で気づかず虫歯が進行しているなど、症状のないまま虫歯が大きくなった場合、ある日突然歯がボロッと取れたり、割れたりすることがあります。

欠けたり抜けたりするリスクが高いのはどの歯?

前歯を見せる女性

前歯

ボールがぶつかるなどの外傷、またはめまいで倒れて歯を打ったなどの場合、抜けたり欠けたりするのが多くみられるのは前歯です。

また、歯に強い衝撃が加わった場合、歯の神経が自然に死んでしまったり、乳歯においては後から生えてくる永久歯が変色したりという可能性があるため、現時点で症状が無くても歯科医院で経過観察をする必要があります。

欠けたり抜けた歯は元に戻せる? 

歯医者

できる場合もあります。歯が完全に脱臼して抜け落ちてしまった場合でも、歯の状態が良く抜けてからの時間が短い場合はもとに戻ることもあります。

治療の基本は整復、固定です。もとに戻して動かないように特殊な接着剤や針金で固定します。成功率は100%ではありませんが試みる価値は十分にあり、感染等のリスクもあるため、処置は歯科医院で行うようにしてください。

歯が欠けたり抜けてしまった場合の応急処置

牛乳と歯

欠けた場合

最悪なければ諦め、歯を持たずとも歯科医院へ行きましょう。 

抜けた場合

歯が完全に抜け落ちてしまった場合は、何がなんでもあきらめずに探しましょう。

歯の根っこごと抜けたときに、綺麗に拭いたり、乾燥させてはいけません。

歯の保管方法

生理食塩水又は牛乳に浸し、早急に歯科医院に行きましょう。 

歯が欠けたり抜けた場合に絶対にしてはいけないこと

欠けたままの歯

歯を綺麗に洗って乾燥させる

歯が根もとから抜けてしまった場合、綺麗に洗って乾燥させてしまうと定着率、再植の成功率が低くなります。

当日に病院に行かない

今日行きましょう。どれだけ早急に再植できるかが歯がもとに戻るカギになります。

抜けたところを触る

傷から感染する可能性があります。気になっても触らないようにしてください。

欠けたままにしておく

歯が部分的に欠けた場合、歯の中の組織がむき出しになることがあります。放置しておくと歯の神経を保存できなくなったりそこから虫歯が進行したりする場合があります。

抜けたままにしておく

歯が無くなったところを放置すると、全体にかみ合わせがずれてきて取り返しがつかなくなります。

歯が欠けたり抜けた際の歯科での治療内容 

歯欠け

欠けた場合

かけた部分を白い樹脂の詰め物で修復する、または被せものをするなどして修復します。歯が縦に大きく割れると抜歯になることもあります。

抜けた場合 

整復固定が基本です。元通りに差し込み、隣の歯と固定させます。

ずれた場合

歯を強打して埋まってしまった、ずれたなどの場合も基本は整復固定です。骨が柔軟な子どもの場合、成功率は高いです。

歯が抜けたり欠けた箇所を放置する危険性 

 
歯並びが悪い女性

欠けた場合

歯や、歯の神経を保存できない可能性が高くなります。 

抜けた場合

脱臼の場合、歯がもとに戻る可能性は時間とともに減ってしまい、歯が無いまま数カ月数年放置すると、かみ合わせがずれ、取り返しがつかなくなることもあります。かみ合う歯が伸びたり、隣の歯が寄って倒れてきたりします。

  

最後に彦坂先生から一言 

歯医者

かかりつけであれば、急を要する場合、融通してくれる場合がありますし、自身の歯の状況を把握してくれていることでしょう。普段から、歯のクリーニングを継続し、信頼できるかかりつけクリニックを見つけておくと心強いですね。

【監修:歯科医師 彦坂 実な美】

プロフィール)

鶴見大学歯学部卒業後、研修医を経て一般歯科医院で経験を積む。一般診療全般をこなすが、メタルフリー治療や審美歯科、ホワイトニングを得意とする。最近力を入れているのは予防医療でニューヨークのニューヨーク大学にも研修に行くなど、積極的に欧米諸国の歯の健康に対するモチベーションを学ぶ。メタルフリー学会に所属し、銀歯の金属アレルギーやリスクについての知識の普及のため記事の執筆や講演も行っている。一児の母

Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。