体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『海の見える駅』とっておきの5選。東日本編

『海の見える駅』とっておきの5選。東日本編

WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。

その村松さんに、とっておきの『海の見える駅』を5つ選んでもらいました! 村松さんご本人のおすすめコメントとともにどうぞ。

まずは【東日本編】から。

01.北浜駅
(北海道/JR釧網本線)

『海の見える駅』とっておきの5選。東日本編『海の見える駅』とっておきの5選。東日本編

北浜駅は、日本でも非常に珍しい流氷の見える駅です。

流氷といえば砕氷船のイメージが強いかもしれませんが、北浜駅は、列車で流氷に出会えるスポット。ホームの目と鼻の先がオホーツク海で、毎年冬の終わりごろ、運がよければ流氷が間近に迫ります。私の知る限り、流氷の見える駅は日本でもここ北浜駅と、隣の鱒浦駅だけ。

北浜駅には小さな展望台があるほか、無人駅ながら木造駅舎にレトロな喫茶店も併設されています。海を見ながら心身ともに温まることができるのも、おすすめしたいポイントです。

02.驫木駅
(青森県/JR五能線)

『海の見える駅』とっておきの5選。東日本編『海の見える駅』とっておきの5選。東日本編

驫木駅(とどろきえき)は、東日本で最もフォトジェニックな駅のひとつだと思います。

東京から最速でも6時間、列車も1日にたった5往復という、まさに本州の最果てといっても過言ではない立地。ただ、一面の日本海を背景に、年季の入った木造駅舎だけがぽつりと立たずむさまは、他の駅では見ることができません。

海が西の方角にあり、秋の真っ赤な夕日が正面に沈むのを目の当たりにしたときは、本当に訪れてよかったと確信しました。

ちなみに、驫木駅のあるJR五能線は、日本海の険しい海岸線にへばりつくように走るため、乗っているだけでも海を存分に楽しめますよ。

03. 日立駅
(茨城県/JR常磐線)

『海の見える駅』とっておきの5選。東日本編
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy