体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

福山雅治、黒柳徹子からのオファーを受け ドラマ『トットちゃん!』主題歌を担当

福山雅治が10月2日(月)からスタートするテレビ朝日系帯ドラマ劇場『トットちゃん!』の主題歌を担当する事がわかった。
福山雅治、黒柳徹子(2013年9月25日放送『徹子の部屋』) (okmusic UP's)

今回の話は、黒柳徹子の半生を描いたドラマ『トットちゃん!』の主題歌を決める際に、黒柳徹子が福山雅治に主題歌を書いて欲しい思っているという事が判明してスタート。現在、黒柳と福山は直接会って楽曲のイメージなどを話し合うなど丁寧で真摯な楽曲制作を進行中。どのような楽曲になるのか、今から期待は高まるばかりだ。

ドラマ『黒革の手帖』主題歌では銀座の最年少ママ、ヒロイン元子の心情を見事に歌い上げた福山が、黒柳徹子の半生を描く『トットちゃん!』の主題歌でどのような楽曲を作りあげるのか、是非楽しみにしていてほしい。また、福山が出演する9月18日のテレビ朝日系音楽特番『ミュージックステーション ウルトラFES2017』では黒柳徹子がコメント出演するとの事なので、こちらもお見逃しなく!
【各関係者よりコメント】

■黒柳徹子

ドラマ「トットちゃん!」ものすごく期待しています。テーマソングも福山さんに作っていただいたぐらいですから。

■福山雅治

徹子さんご自身からオファー頂くなんて、こんな夢のようなことはありません。と同時に、この楽曲は徹子さんに「素敵だ」と感じていただかなければいけません。かつてこれほどのプレッシャーを感じるオファーがあっただろうかと、産みの苦しみと歓びの間で悶絶しながら制作に臨んでおります。徹子さんのお父様が高名なヴァイオリニストだったことに敬意を表し、サウンドはカルテット(弦楽四重奏)をメインに編曲させていただきました。僕自身のキャリアの中で、ここまでのプレッシャーを体験させていただけるということを光栄に感じながら。徹子さんにお気に召していただけるよう頑張ります。

■ドラマプロデューサー/テレビ朝日 服部宣之

トットちゃん!を手掛けるにあたり、主題歌は福山さんに…と徹子さんがお話され、この夢のようなコラボレーションが実現しました。

徹子さんとお話された上で書き下ろして下さった福山さんの主題歌は、心の奥底をホッと柔らかくさせて頂けるメロディーで、(主題歌が流れる)タイトルバックに使用させて頂いた徹子さんの懐かしいお写真と共に聞くと、デモの時点で思わず優しい涙を流してしまう程でした。

お昼の忙しい一時に、こんな素敵な主題歌と共に、心温まる徹子さんの半生をお届けできること…、本当に夢のようです。この素敵なメロディーを毎日聞ける、心が毎日ほっこりする…、一視聴者としても本当に10月からの毎日が楽しみでなりません。
シングル「聖域」
発売中

【初回限定盤(25周年ライブDVD付)】

POCS-20904/¥2,525+税

【初回限定盤(Music Clip DVD・弾き語り音源付)】

POCS-20905/¥1,800+税

【通常盤】

POCS-20010/¥1,300+税
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。