体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

私はナンパすらされない、需要のない女。でも、結婚したい。

「私、男性からの需要がほとんどないんだよね」

「女としての魅力がないってわかってたけど、やっぱりつらい」

ときたま、このような相談をもらいます。

彼女たちはオクテだったり、職場が女性ばかりで男性との接点が少なかったり、仕事が忙しく恋愛に興味がなかったりと、なんらかの理由で恋愛経験があまりなく、アラサーになって「結婚したい」と思い立ち、婚活や恋活を始めています。

「私、男性からの需要がないんです」

20170918_papuriko3.jpg

彼女たちが言う「男性からの需要がない」とはどういうことでしょうか。

「合コンや飲み会に行ってみたけど、男性からLINEを聞かれることなんてないし、あったとしても『またみんなで飲みましょうねー』っていう社交辞令で終わり。デートに誘われなくて、自分は男性からの需要がないってことを思い知ってつらい」

「バーに行けば出会えるって聞いたから行ってみたけど、誰からも声をかけられなかった。ナンパ街も行ってみたけど、やっぱり誰からも声をかけられなかったし…ナンパすらされないってことはやっぱり需要がないってことなんだよね…」

「これまで一度も男性から告白されたことがないんです。出会いを求めて飲み会に行ってみても、男性からとくに話しかけられるわけでもないし」

話を聞いてみると「出会いの場に行ってみたけれど、男性から声をかけられない」「連絡先を聞かれない」「デートに誘われない」「告白されたことがない」という意味で「男性からの需要がない」と言っていることが多い様子。

「やっぱりこんな地味な容姿じゃ誰からも相手にされないんですね」

「ブスだってわかってたけど、やっぱりダメだった」

「自分に自信がないから、どうしても積極的になれない」

さらにほぼ9割の確率で「女としての自信がない」「女としての魅力がない」という言葉が続きます。

私はナンパすらされない、需要のない女。でも、結婚したい。

20170918_papuriko.jpg

「結婚したがってる男性がいっぱいいる婚活パーティに行けば、女として見てもらえるのでは」

「バーに行けば、声をかけられるのでは」

「婚活アプリなら、20代の女なら申し込みが殺到するっていうし」

「さすがにナンパ街に行けばどうにかなるのでは」

彼女たちはこのような期待を胸に、勇気を振り絞って出会いの場に行ってはみるものの、期待していたようには声をかけられず、連絡先を聞かれず、デートに誘われず、告白されないので「やっぱり私は女としての魅力がないんだ」「男性からの需要がないんだ」「ナンパ街なのに誰からも声をかけられないなんて、それぐらいひどいんだ」と傷ついてしまう、というループにはまっています。

「待ってればアクションされる」という前提がずれている

20170918_papiriko4.jpg

彼女たちは「出会いの場で声をかけられない」「連絡先を聞かれない」「口説かれない」=「女としての魅力がない」「男性からの需要がない」と判断していますが、いくつかの問題を混同しているように見えます。

まず、「待っていても何もなかった」=「自分には魅力がない」という展開の飛躍ぶりです。

彼女たちが語る「需要がない」は、だいたい「男性から何もアクションされない」という相手のアクションのみにフォーカスしており、自分がどう動いたか、自分の言動に対してどういう反応が返ってきたのか、という「コミュニケーションのやり取り」がまったく見えません。

ですが一般的にモテる女子は、相手を褒めたり、声をかけたり、誘ったり、相手に期待を持たせる言動をしてみたりと、自らも積極的に動き、「自分と相手のアクションの相互作用」をよく観察し、コントロールしています。

1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy