体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プリウス純正カーナビの裏メニューを表示させる

プリウス純正カーナビの裏メニューを表示させる

家電製品やスマホに隠しコマンドがあるように、カーナビにもある操作をすると表示される裏メニューがあります。そこで、プリウス純正カーナビの裏メニューを表示させる方法を紹介しましょう。プリウス純正カーナビの裏メニューに入ると、故障診断や各種機能の微調整ができるようになります。 ## プリウスのカーナビ隠しコマンド プリウスの純正カーナビは、隠しコマンドを入力することで簡易的なダイアグモードに入ります。ダイアグモードはメーカーのサービスマンが検査・修理用に使うもので、さまざまな設定の変更や確認が可能です。 例えば、車両の調子が悪ければ故障診断、受信感度がイマイチならテレビ設定で確認したりなどです。ETC連動タイプの場合は、車両のサイズから通行料区分の設定も変更できたりします。 そんな裏メニューを表示させるための隠しコマンドは、プリウス純正カーナビの「現在地」ボタンを押したまま、スモールライトを3回ON/OFFするというもの。これでダイアグモードに入ります。 ## プリウス純正カーナビの故障診断 実際に、プリウスの純正カーナビに隠しコマンドを入力してみました。すると、表示されたダイアグモードのトップ画面には「故障診断」「機能検査・調整」「サービス情報」「製品情報」のメニューが並んでいます。 故障診断のメニューからは、簡易セルフチェックが実行可能。また、セキュリティ解除コードが不明なため、SDカードコピーや走行中のテレビ視聴制限などの設定は変更できませんでした。 メニューを操作していくと、バックガイドモニターが調整できる画面も表示されます。より広角に映る車外カメラなどに取り替えた場合、このダイアグモードから舵角の微調整が可能です。(文/Toybox)

関連記事リンク(外部サイト)

高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然
事故車を見分ける4つのチェックポイントとは?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy