体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

R.E.M.の名盤『AUTOMATIC FOR THE PEOPLE』、 25周年記念盤のリリースが決定

R.E.M.が1992年に発売したアルバム『オートマティック・フォー・ザ・ピープル』の発売25周年を記念して同作のアニヴァーサリー・エディションをリリースすることを発表した。リマスターされたアルバムはさまざまなフォーマットでリリースされるが、最も注目となるのは3CDと1ブルーレイの4枚組ボックスのデラックス・ヴァージョンで、アルバムの全てをドルビー・アトモスでミックスした音源が収録されたブルーレイ・ディスクが付いている。
R.E.M. (okmusic UP's)

アルバム『オートマティック・フォー・ザ・ピープル』とナタリー・マーチャントをフィーチャーしたボーナストラック「フォトグラフ」はアルバムのオリジナル・プロデューサーであるスコット・リットとオリジナル・エンジニアのクリフ・ノレルの二人によりドルビー・アトモス仕様でリミックスが施された。このドルビー・アトモスという最新テクノロジーは、 ステレオが提供できるサウンドをはるかに超えて、広範で流暢なオーディオでのサラウンド・サウンドの飛躍を得て、よりリスナーが没頭できるサウンドが実現させ、リスナーを多次元のオーディオによってレコーディング・スタジオ内に移動させる。これは、音楽を聴く時間がとても活気的で変革的な体験であることを思い起こさせ、1992年に最初にこのアルバムを聞いたときに感じた感情を再燃させる。この表現力豊かなドルビー・アトモス・ミックスが商業的にリリースされるのは今回この『オートマティック・フォー・ザ・ピープル』のデラックス・エディションが初となる。さらにデラックス・ヴァージョンには今回初リリースとなる楽曲が多数収録。『オートマティック・フォー・ザ・ピープル』のセッションでの未発表デモを20曲選曲されており、その中の「マイクズ・ポップ・ソング」は本作で初公開となる音源。

今回の25周年記念エディションのディスク2には、『Live At The 40 Watt Club 11/19/92』と名付けられたR.E.M.の地元、ジョージア州アセンズで1992年11月19日に行ったライヴ音源を収録。この年にR.E.M.がライヴを行ったのはたったこの1回だったという貴重な音源になっており、スティーヴン・マーカソンがオリジナル・アナログ・テープからのリマスタリングを施している。

LPサイズの4枚組ボックス仕様のデラックス・エディションには、アントン・コービンやメロディ・マクダニエル撮影による未発表写真、メンバー4人の最新インタビューを行ったスコットランド人音楽ジャーナリスト、トム・ドイルの新ライナーノーツなどを掲載した60Pの本も同梱。ブルーレイ・ディスクにはドルビー・アトモスのミックスに加え、ハイレゾ・マスター音源、7曲のミュージック・ビデオ、さらにオリジナル・リリース1992年時のEPKも含まれている。

また、25周年記念エディションは、デジタル・ダウンロード・カードが付いた180g重量盤LPと、オリジナル・アルバムと『Live At The 40 Watt Club 11/19/92』の2枚組CDも発売される。YouTubeには『オートマティック・フォー・ザ・ピープル』25周年記念エディション・トレーラーも公開されている。
『オートマティック・フォー・ザ・ピープル』 25周年記念エディション・トレーラー

https://youtu.be/VCWVRo_l26oアルバム『オートマティック・フォー・ザ・ピープル 25周年記念エディション』
2017年11月10日発売

【デラックス・エディション】(3CD+BD)

720-2984/オープンプライス

<収録曲>

■CD DISC1(Automatic For The People)

01.Drive

02.Try Not to Breathe

03.The Sidewinder Sleeps Tonite

04.Everybody Hurts

05.New Orleans Instrumental No. 1

06.Sweetness Follows

07.Monty Got A Raw Deal

08.Ignoreland

09.Star Me Kitten

10.Man on the Moon

11.Nightswimming

12.Find the River

■CD DISC2(Live At The 40 Watt Club)

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。