体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デキるとスマート!Wordで「チェックボックス」を設定する方法

お客様や社員にアンケートをとりたいときに、よく利用するのは印刷したものを配布する方法です。しかし、回答者がレ点をつけられるチェックボックスをWord(以下、ワード)文書内に設置すれば、アンケートを紙に印刷する必要はありません。今回は、ワードのチェックボックスの設置方法やレ点の作り方を紹介します。

※本文に記載した設定方法はすべてOffice2013の操作です。

デキるとスマート!Wordで「チェックボックス」を設定する方法

チェックボックスの設定方法

ワードでアンケート用紙を作成したいときに役立つのが、チェックボックスの機能です。デフォルトの設定では、文書のなかにチェックボックスを作成することはできません。チェックボックスを作成するには、「開発」タブを表示させる必要があります。以下の手順に従ってチェックボックスを設定してみましょう。

1、まずは「開発」タブを設定する

「ファイル」タブの「オプション」をクリックします。 「Wordのオプション」ダイアログが開いたら「リボンのユーザー設定」を選択します。 「リボンのユーザー設定」の「メインタブ」にある「開発」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックしてダイアログを閉じます。

「リボンのユーザー設定」の「メインタブ」にある「開発」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックしてダイアログを閉じます

2、チェックボックスを設定する

「開発」タブを開き、「コントロール」ブループの「チェック ボックス コンテンツ コントロール(チェックボックスのアイコン)」をクリックして、任意の場所にチェックボックスを挿入します。 「開発」タブを開き、「コントロール」ブループの「チェック ボックス コンテンツ コントロール(チェックボックスのアイコン)」をクリックして、任意の場所にチェックボックスを挿入 挿入したチェックボックスをクリックすると、チェックボックスに×印のチェックが入ります。 挿入したチェックボックスをクリックすると、チェックボックスに×印のチェックが入ります

なお、「開発」タブの「デザインモード」がONの状態になっていると、チェックボックスを選択しても×印が表示されません。「デザインモード」は必ずOFFにして使うようにしましょう。最後の仕上げにチェックボックス以外の文書が変更されないように、以下の手順に従って文書の保護を行いましょう。

「文書の保護」 に関する解説を見る

ㇾ点チェックの設定方法

チェックボックスに×印ではなく、レ点のみがつくようにするには次の手順で設定します。

・チェックボックスをクリックしたら、ボックスが消え、レ点のみがつくようにする方法

【設定後のイメージ】

チェックボックスに×印ではなく、レ点のみがつくようにする【設定後のイメージ】
チェックボックスにマウスポインターを持っていき、チェックボックスが選択された状態にします。 「開発」タブをクリックし、「コントロール」グループの「プロパティ」ボタンをクリックします。「開発」タブをクリックし、「コントロール」グループの「プロパティ」ボタンをクリック 「コンテンツ コントロールのプロパティ」ダイアログが開いたら、「選択時の記号」の「変更」ボタンをクリックします。「コンテンツ コントロールのプロパティ」ダイアログが開いたら、「選択時の記号」の「変更」ボタンをクリック 「記号と特殊文字」のダイアログが開いたら、「種類」を「装飾記号」に変更し、装飾記号の中から「レ点」を選択して、「OK」ボタンをクリックして全てのダイアログを閉じます。「記号と特殊文字」のダイアログが開いたら、「種類」を「装飾記号」に変更し、装飾記号の中から「レ点」を選択して、「OK」ボタンをクリック チェックボックスにチェックを入れると、レ点に変更されます。

・チェックボックスをクリックしたらレ点が入るようにする方法

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。