体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

原付バイクのリミッターはどうやって解除する?

原付バイクのリミッターはどうやって解除する?

「原付のリミッター解除」という言葉を聞いたことがあるはず。メーカーが自主規制で設定している60km/hのリミッターを解除することです。そこで、原付バイクのリミッターはどうやって解除するのか、その方法を見ていきましょう。愛車をレース仕様にしてサーキットに持ち込むことができます。

リミッター解除は市販されている

国内メーカーの原付(一種/50cc以下)は、自主規制により60km/hでリミッターが作動します。そこで、原付バイクのリミッター解除のために市販されている製品が各種リミッターカットです。

2ストキャブ車では「CDIモジュール」を、4ストFI車では「インジェクションコントロールモジュール」を、純正品から1万円前後する社外品に交換する方法がメジャーです。

中古車に多いのが2ストキャブ車。スクータータイプのCDIモジュールは、足元やメットイン下にバッテリーと並んで取り付けられています。このモジュールを社外品に交換するわけです。

リミッター解除はもっと安上がり

現在、新車購入できる車種に多いのが4ストFI車。またがるタイプのバイクの多くは、モジュールはシート下にあります。これを社外品のインジェクションコントロールモジュールに交換するのです。

ちなみに、原付バイクのリミッター解除にはもっと安上がりな手もあります。上位車種の純正品モジュールを中古で入手して、入れ替えるのです。これなら1,000円以下でリミッターを解除できます。

実際に、スズキ・ストリートマジック50のCDIモジュールを、上位機種の同110のものに交換。50km/hを超えると回転数が一気に落ちていましたが、リミッター解除後は60km/h超でも落ちませんでした。なお、計測は私有地で行っています。また、リミッターを解除しても制限速度は正しく守らなければなりません。

関連記事リンク(外部サイト)

高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
事故車を見分ける4つのチェックポイントとは?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy