体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベタベタ解消!フローリングの汚れをササッと掃除するワザ・予防術

ベタベタ解消!フローリングの汚れをササッと掃除するワザ・予防術

黒ずみや油など、汚れのつきやすいフローリングの掃除術をご紹介。フローリングに汚れがつきにくくなる予防方法も必見です。汚れのないフローリングを維持して、気持ちのいい毎日をすごしましょう!

目次

フローリングの黒ずみの種類と原因

フローリングの汚れの掃除術

フローリングの黒ずみ予防方法

フローリングの黒ずみの種類と原因

掃除をしていても、いつの間にか黒ずんでしまう……。
そんなフローリングの汚れの種類と原因をご紹介しましょう。

 

【汚れの原因1】足の裏の皮脂

© PIXTA

夏場にフローリングを裸足で歩いていて、ベタベタと張り付く不快な感覚を覚えたことはありませんか?
フローリングが黒ずみになってしまう原因のひとつは、足の裏の皮脂汚れ。夏場は裸足になることも多く、気温が高いので汗も増え、皮脂によるフローリングの汚れも増えてしまいます。

 

【汚れの原因2】油汚れ

© PIXTA

キッチンまわりのフローリングは、調理中に油が飛び散ってしまうことが原因で黒ずみ汚れになってしまうことがあります。
この油汚れを放置するとホコリを吸着し、フローリングの変色の原因にもなってしまうため、早めの掃除を心がけましょう。

 

【汚れの原因3】カビ

キッチンなどの水まわりなど湿気の多い場所のフローリングには、湿気が原因のカビが発生することもあります。
カビの根が深い場合や、広範囲にフローリングが変色しているようなひどいカビの場合は、掃除しても落とすことができないことも・・・。
汚れがカビの場合は、こちらの記事の掃除方法をチェックして。
> フローリングのカビは自分で取れる!

 

【汚れの原因4】ワックスの劣化

まめにワックスがけをしているのに、フローリングが黒ずみのように見える。こうした黒ずみ汚れは、ワックスの劣化が原因になっている場合があります。
ワックスがけしたフローリングの上にさらに新しくワックスをかけることにより、ワックスの層が何層にも重なります。この新しいワックス層の下にある古いワックス層が劣化することにより、黒ずみになってしまうのです。
このようなケースでは根本原因になっている古いワックスを剥離し、改めてワックスを塗り直すなど、大がかりな作業が必要になってしまいます。

 

【汚れの原因5】濡れた状態が続いたことによる変色

水分は、フローリングの大敵。水をこぼすなどしてそのまま放置すると、水分が染みこんで黒ずみの原因になったり、ひどい場合はフローリングが剥がれたり腐ってしまうこともあります。一度腐ってしまうと、フローリングを交換するほかありません。

 

フローリングの汚れの掃除術

© PIXTA

フローリング掃除をするおすすめのタイミングや、基本の掃除方法をご紹介しましょう。

 

フローリングの掃除をするのは朝がおすすめ

フローリングをはじめ家具などのホコリは、夜の寝ている間に積もります。
夜間にたまったホコリが人の動きで舞い上がる前の、朝のうちに掃除するのがおすすめです。
また、ホコリは上から下へと落ちていきますので、掃除も家具の上など高いところからはじめて、最後に下のほうにあるフローリングなどを掃除しましょう。

 

基本のフローリング掃除方法

1 2次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。