ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ネイ・パーム、ソロデビューアルバムを 10月20日にリリース発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ハイエイタス・カイヨーテの紅一点であるネイ・パームのソロアルバム『ニードル・ポー/Needle Paw』が10月20日に全世界発売されることがわかった。
Nai Palm photo by Prue Stent (okmusic UP's)

ハイエイタス・カイヨーテは2011年結成以来2枚のアルバムを発売、グラミー賞に2度ノミネートされている注目のバンドだ。日本へも2015年9月、2016年5月と8月、これまでに合計3回来日しファンを増やし続けている。本作はギター・ヴォーカルで圧倒的なパフォーマンスを披露するネイ・パームのソロアルバム第1弾となる。

ネイ・パームはシンガーであり、作曲家、ギタリスト、インスト奏者、プロデューサー、そして詩人。ニュー・アルバムは、ネイの書き下ろし新曲6曲とハイエイタス・カイヨーテ(以下HK)とデヴィッド・ボウイやジミヘン等音楽的な影響を受けたアーティストのカバーで構成されている。そのサウンドに賛辞を惜しまず、ライヴ会場にも聴きにきていたプリンスのお気に入りだった「ボーダーライン・ウィズ・マイ・アトムズ」をはじめ、HK作品から「アタリ」「メビウス」「ウェン・ザ・ナイフ」「モラセス」の5曲がセレクトされている。但し「ウェン・ザ・ナイフ」は、2016年シーズンからハイエイタス・カイヨーテがライヴで演奏している新曲で、この曲がスタジオ録音されたのはこれが初となる。

また、「ブリージング・アンダーウォーター」もHKセカンド・アルバム『チューズ・ユア・ウェポン』からのセルフカバーだが、この曲はネイが愛してやまないデヴィッド・ボウイの「ブラックスター」とレディオヘッド「ピラミッド・ソング」のメドレーとして収録された。フューチャー・ソウル・ユニット4人が織りなす濃密バンドサウンドとは全く異なる趣をみせるネイのカバーはイマジネーション豊かでインティメイト。ギターとヴォーカルというシンプルな音づくりによる繊細かつオーガニックな音空間が無限に広がる。日本盤にはサム・クックの「ユー・センド・ミー」のピアノ弾き語りヴァージョンがボーナストラックとして収録されることが決定した。現在アルバム予約がスタートし、第1弾シングル「ホームボディ」が配信中だ。この曲についてネイは「魂の源に近い曲。自分の中でも最も純粋な所から作り出した曲で、傷を癒やすための聖域。豪華な飾りはないけれどね」とコメントしている。

10月20日の発売に合わせ、10月10日ボストンを皮切りにニューヨーク、フィラデルフィア、ロサンゼルス他北米7都市でのアルバム発売記念ライヴも決定。鮮やかな飛翔をとげるネイ・パームから目が離せない。

■アルバム『ニードル・ポー』配信URL

https://itunes.apple.com/jp/album/needle-paw/id1276415157?al&app=itunes
アルバム『ニードル・ポー』
2017年10月20日発売

SICP5606/¥2,200+税

<収録曲>

01.ウィティッチ Wititj (Lightning Snake Pt.1)

02.アタリ Atari *

03.クロス・ファイア/ソー・イントゥ・ユー Crossfire/ So Into You(タミア・カバー)

04.ハイク / Haiku

05.メビウス Mobius  *

06.モラセス Molasses*

07.エレクトリック・レディランド Electric Ladyland (ジミヘン・カバー)

08.アトール Atoll

09.ウェン・ザ・ナイフ When the Knife*

10.ブラックスター/ピラミッド・ソング/ブリージング・アンダーウォーター Blackstar/Pyramid Song/ Breathing Underwater(デヴィッド・ボウイ、レディオヘッドとのメドレー)

11.ボーダーライン・ウィズ・マイ・アトムズ Borderline With My Atoms*

12.ホームボディ Homebody

13.ウィティッチWititj (Lightning Snake Pt.2)

14 ユー・センド・ミー(サム・クック カバー)※日本盤ボーナス・トラック
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。