ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ゲームからビジネスまで! フルプログラム可能なメカニカルキーパッド「Hunter 1.0」がアツイ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

黒電話のダイヤル部分だけを剥がしたようなデザイン。人間工学に基づく革新的なメカニカルキーパッド「Hunter 1.0」が、Kickstarterに登場。じわじわと人気が広がっている。

・すべてのキーにフルプログラムできる!

12個のボタンで構成された本品。手や指が自然にフィットするよう、配置を計算して設計されている。無理なく手指を動かしながら、ユーザーが望む通りの操作ができるのだ。キーの配置が離れているため、誤操作を防止する利点もある。

12のキーはすべて、フルプログラムが可能。本体を完全にカスタマイズできる特別なソフトウェアが用意され、ゲームまたは仕事用のキー、プロファイルへの保存、保存された事前設定の使用、操作切替など、多彩な設定に対応する。

・ゲームに最適

特にゲームにおいて、その機能は如何なく発揮される。プログラムによって、FPS、RTS、MMORPGの各ゲームに、任意の値を自由に割り当てられるのだ。

右上部に設置された親指用ジョイスティックには5つのプログラムポジションがあり、ゲーム空間を自由に移動したり、武器を拡張するためのモデイファイアキーをバインドすることもできる。12のメカニカルキーの全部を、ユーザーのコントロール下に置けるため、素早く反応するのもうれしい。

重量は、215グラム。バックライトに、白色LEDを採用。机上の装飾としても、目を引きそうだ。早期割引価格は、59ドル(約6500円)から。オーダーは、10月7日まで受け付けている。

Hunter 1.0/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。