ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

親指ひとつで簡単操作のレーザー定規「KIWI P1」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

新しい家具を購入しようと思ったら、まずは部屋の寸法を定規で測らなければならない。

これが、かなり手間のかかる作業だ。我々の見慣れたあの巻き尺は、ひとりで扱うことを想定していない道具である。だから家族か友人に協力を仰いで寸法を測るわけだが、これほど非合理的な行いも他にないのではないか。

数メートル程度の測定なら、自分ひとりでどうにかしたい。

・シンプルが一番!

そこへ登場したのが、「KIWI P1」という製品。

100×35×18mmのボディーに備えられた機能は、極めてシンプルである。実を言うと、機能面についてあまり言及できないほどだ。

KIWI P1はいわゆる「レーザー定規」というもので、レーザーの到達点からその距離を算出する。そうした製品は今までになかったというわけではないが、KIWI P1の場合はとにかく機構が簡素。ひとつのボタンで必要な操作をこなせる。

開発者はこの「ワンボタン」を最大の売りにしているが、これなら子供でも難なく扱える。

ともかく、空間の長さを測るにはボタンを押せばいいのだ。測定結果は即座に液晶画面で表示される。巻き尺の端を持つためだけのパートナーは、これで必要なくなった。

・普及の可能性

値段も手頃だ。クラウドファンディング「Indiegogo」で、29ドル(約3200円)からの出資を受け付けていた。

なぜ文章が過去形なのかというと、この29ドル枠は数量限定ですべて埋まってしまったからだ。代わりに34ドル(約3800円)の枠が用意されている。

このKIWI P1は、定規というものを最先端の文房具に進化させた。シンプルな機構だからこそ、そこに限りない利便性が生まれる。数年後、レーザー定規は誰しもが持っていて当たり前のものになるかもしれない。

Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。