ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

離着陸とアクロバット飛行も!スマホで映像を確認しながら操作できる紙ヒコーキの新型「POWERUP DART」現る

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
紙ヒコーキとは、実にシンプルでお手軽なおもちゃだ。ただ、もしかしたら、今の若い子供たちは紙ヒコーキなんて作って遊ばないのかもしれない。

そんな子供たちも、今回紹介する「POWERUP DART」が普通の紙ヒコーキと一味も二味も違うということに驚くことだろう。人気を博した初代モデル「POWERUP 3.0」の後継機が登場だ。

・紙ヒコーキをスマホで操作?

POWERRUP DARTは、小型で軽い動力パーツとプロペラが搭載されたラジコン紙ヒコーキだ。動力パーツの先端には小型カメラが内蔵されており、スマホとBluetooth接続することで、スマホで視界を確認しながら自由に紙ヒコーキを操作できるのだ。

しかも、スマホ本体を傾ければ自動で紙ヒコーキの軌道も変えることができ、より直感的な操作が可能となる。初代モデルと異なるのは、小型化とパーツの軽量化だ。

これにより一層軽くなり、宙返りやスピンといったアクロバットな操作もお手の物。また、専用のギアパーツを取り付けることで、手を使わなくても離着陸ができるようになる。

・紙ヒコーキのモデルも豊富に用意!

紙ヒコーキのモデルも、得意なアクションごとにそれぞれ6種類も用意されており、どれも実際に存在する飛行機の通称が名付けられている。飛行機ファンにとってはなかなか嬉しいのでは?

飛行可能時間は、1回の満充電で10分間。USBケーブルで25分間充電することとなる。前モデルもかなりの人気ぶりだったが、新モデルもすでにKickstarterにて目標金額を達成している。値段は今なら最安で25ドル(約2780円)だ。

これで、いよいよ紙ヒコーキの飛距離で競う必要もないのだろう。これからはアクロバットだ。これぞまさしく「紙ヒコーキ機の進化系」といっても過言ではない。

執筆:Doga

POWERUP DART/Kickstarter

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。