ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ゴルフは姿勢から!スイング矯正ウェアラブルデバイス「SwingLync」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ゴルフ用語に「明治の大砲」という言葉がある。余計な力を入れ過ぎるが故に、体重が後方にかかってしまう状態を指している。

昔の大砲は駐退機がなく、撃ったらその反動で大砲ごと後ろに飛ばされた。まさにその状態を揶揄しているわけだ。

この明治の大砲を克服するには、第一にフォームの矯正である。しかし、これが難しい。上級者が傍らにいてくれないと、なかなか練習できないものだ。

これを最先端テクノロジーで克服できないものか。

・3つのセンサーでフォームを矯正

クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に、興味深い製品が登場した。ゴルフ練習デバイス「SwingLync」である。

これは、フォームの矯正に特化したものだ。腕、背中、腰に専用センサーを取り付け、身体の各部位の角度を算出。その組み合わせから使用者のフォームを割り出すという仕組みになっている。

もし使用者のフォームが明治の大砲になっていたら、接続先のスマートフォンにその情報を通知し、改善点を指導してくれる。セットアップ、トップ、インパクト、フィニッシュの4段階ごとのフォームを画面に表示するのだ。

腕センサーは腕時計型で、背面センサーは専用のハーネスが用意されている。使用者の動きを邪魔するものでは、決してない。

・米国内のみの配送

これさえあれば、自分ひとりでの練習がはかどるはずだ。

値段を見てみよう。9月14日の時点では、Kickstarterにおいて199ドル(約2万2000円)からの投資での配送を約束している。ただし、配送時期は来年4月とかなり遅めではある。

そして残念ながら、このSwingLyncはアメリカのみでの提供になるそうだ。もちろん、日本での代理販売店が見つかればその限りではなくなるだろうが。国際進出が待ち望まれる製品のひとつである。

Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。