ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

20代に身につけておきたい仕事術

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 ビジネスパーソンとしての成長が期待されている20代。その大事な20代に、仕事で成功する術を身につけることは重要だ。
 では、実りある30代、40代にするために20代で何をすべきなのか?

 『20代からの仕事のルール』(PHP研究所/刊)では、著者の小山政彦氏自身が仕事をする中で、これさえ身に付けておけば、一生役に立ち、幸せに生きられると実感したものの中から厳選し、50項目にまとめた仕事のルールを紹介していく。仕事のやり方編、人との付き合い方編、自分の磨き方編の3つの章からなり、オールカラーのイラストでとてもわかりやすくなっている。

 50の仕事のルールの中の1つが「仕事の基本は『守・破・離』から」だ。
 若いうちは「自分は既存の古いやり方を変えるんだ!」と意気込みだけが先行しがちだが、経験が浅いうちは、やめておいた方が賢明。最初からオリジナルを求めるのは効率が悪いからだ。そこで意識すべきなのが「守・破・離」という、ある物事を習得するための学びの三段階を指す言葉だ。
 「守」は、真似をすることから始める。まずは手本になる人を見つけ、そのやり方をよく観察して、真似をする。この「守」である程度の結果を出せるようになったら、今度は異なる方法に挑戦する。これが「破」だ。さらに、自分なりの方法を取り入れ、自分流を確立すると、これが「離」の状態だ。難しいのは、「守」から「破」、「破」から「離」へ変わるタイミングの見極めだ。先輩と自分の成績が並んだ、年収が○○万円に達した・・・など、自分なりの数値で測れる明確な基準を設けるのがいいという。
 
 仕事に対する姿勢、人付き合いで気をつけることなど20代のうちに身に付けておきたいことは山ほどある。
 本書から得た知識は、実際のビジネスの現場で役に立つものばかり。一つ一つ身に付けていけば、あなたの成長につながるはずだ。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
人生の年収は、20代の働き方でほとんど決まる?
大学時代に“1万冊の本”を読んだビジネスパーソンの正体
22歳で借金1億円。その現実と向き合った青年社長のリアル

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。