ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【積丹ブルー】義経の悲恋伝説が伝わる、女人禁制の神威岬 

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

【積丹ブルー】義経の悲恋伝説が伝わる、女人禁制の神威岬 
北海道積丹半島にある「神威岬(かむいみさき)」は積丹ブルーと呼ばれ、その青さは見る者の心を捉える絶景です。エーゲ海やカリブ海にひけを取らない美しさと言えるでしょう。神威(かむい)の名称は、アイヌの神(アイヌ語でカムイ)を意味しています。

[名勝に関する総合調査 – 文化庁]

北海道遺産に認定される積丹半島と神威岬

【積丹ブルー】義経の悲恋伝説が伝わる、女人禁制の神威岬 
積丹町の海岸はおよそ42km、北海道で唯一、海中公園に指定されている積丹の海。平成16年には「積丹半島と神威岬」が北海道遺産52件の内の1件に認定されています。

[北海道遺産]

神威岩伝説

【積丹ブルー】義経の悲恋伝説が伝わる、女人禁制の神威岬 
真っ青な積丹ブルーに立ち尽くす神威岩は、恋に焦がれた乙女の化身と言われています。恋に焦がれた乙女チャレンカの「神威岩伝説」とは。

平泉で自害したとされる源義経は、実は生き延びて北へ逃れ、津軽から蝦夷地(北海道)に渡ったという伝説があります。

アイヌの長の許に身を寄せた源義経は、その長の娘であるチャレンカと恋に落ちました。しかし義経が生きていることを知った源頼朝の追手は、執拗に義経に追い迫ってきます。そこで義経はチャレンカに黙って、再び逃走の旅に出て行きました。チャレンカは義経が去ったことに気付き、その後を夢中で追いかけます。そしてようやく積丹半島の神威岬にまでたどり着くと、義経一行の船はそこから旅立った後で、沖の彼方へ遠ざかり、船影は小さくなり見えなくなってしまいました。義経を失った悲しみにチャレンカは泣き崩れ、神威岬の突端から身を投げました。すると、その身体は石に変わり、神威岩となったと言われています。チャレンカは積丹ブルーの海に佇み、今もなお恋しい人を想っているのかもしれません。

<参考記事>
北海道積丹観光Website
神威岩伝説 日本伝承大鑑
義経伝説 チャレンカ姫(神威岩)積丹ユースホステル

神威岬への道のり

【積丹ブルー】義経の悲恋伝説が伝わる、女人禁制の神威岬 
国道229号線から入って神威岬入り口の駐車場から、神威岬までの先端までは約770m。神威岬の先端までは、伝説のアイヌの首長の娘の名前がついた「チャレンカの小道」を辿っていきます。駐車場から先は、トイレも自動販売機もありません。神威岬に向かう際は、トイレを済ませ、水分補給できる飲み物を持って行くことをお勧めします。北海道遺産に認定されている神威岬は禁煙です。ゴミなどは持ち帰り、自然遺産に敬意を払いましょう。

また、入り口の「女人禁制の門」は開閉時間があります。写真を撮ったり休んだりすることを考え、往復1時間から1時間半の余裕を見て、閉門時間に間に合うよう出発しましょう。強風や悪天候の際には、終日閉鎖している場合もあります。

「女人禁制の門」及び入口ゲートの開閉時間

4月 8:00~17:30
5月 8:00~18:00
6月 8:00~18:30
7月 8:00~18:00
8月~10月 8:00~17:30
11月 8:00~16:30
12月~3月 10:00~15:00

注:天候(雨・風)の状況により変更となる場合がありますのでご了承ください。

[北海道積丹観光]

なぜ女性は神威岬へ行くことを禁じられたのか

【積丹ブルー】義経の悲恋伝説が伝わる、女人禁制の神威岬 
「女人禁制の門」は、1850年代(1855年と1856年説あり)まで女人禁制だったことを意味しています。先へは、ニシン漁に向かう男衆しか進めなかったのです。チャレンカの嫉妬心が女を乗せた船を転覆させたことから、岬一帯が女人禁制の地になったということが通説ですが、実際には当時松前藩が和人(日本人)の定住を禁じたからのようです。

現在は女性でも先へ行けますので、ご安心くださいね。

参考 北海道小樽観光タクシー

両側には日本海が広がる

【積丹ブルー】義経の悲恋伝説が伝わる、女人禁制の神威岬 
「チャレンカの小道」の両側には、雄大な日本海が広がります。アップダウンが激しく、滑りやすい場所もあるので、スニーカーなど歩きやすい靴が向いています。ヒールのあるサンダルなどは不向きです。

険しいこの道を走り、チャレンカが泣きながら義経を追いかけたのかと想像すると、ロマンティックですね。女性は、すっかりチャレンカ気分に浸るかもしれません。

積丹ブルーの青さ

【積丹ブルー】義経の悲恋伝説が伝わる、女人禁制の神威岬 
ハワイでも、エーゲ海でも、カリブ海でもない、積丹ブルー。

水中展望船 ニューしゃこたん号で、海上散歩をすることもできます。

ニューしゃこたん号 

乗船時間:約40分
利用料金:大人 1,400円 (2017年7月現在)
営業時間:8:30~16:30(時期により変更あり 要問合せ)
公式サイト: http://www.tabi-hokkaido.co.jp/~glassboat/cruising.html

【積丹ブルー】義経の悲恋伝説が伝わる、女人禁制の神威岬 
北海道で生き延びていたという義経の悲恋伝説。青い青い積丹ブルーに秘められたロマンを紐解きに、北海道へ足を伸ばしてみたくなりますね。

[北海道 積丹観光]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。