ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ロサンゼルスで行われた世界最高峰のスケートボードコンテスト「Street League Skateboarding Super Crown」にて西村碧莉が4位!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ロサンゼルスで行われた世界最高峰のスケートボードコンテスト「Street League Skateboarding Super Crown」にて西村碧莉が4位!

アメリカ・ロサンゼルスで現地時間9月15日に行われた、世界最高峰のスケートボードコンテストStreet League Skateboarding NIKE SB Super Crown WORLD CHAMPIONSHIPにて、西村碧莉が見事4位!今年7月に行われたX GAMESでの優勝に続き、日本のスケートボード界にとっては歴史的な1日となった。

 

Congrats!!! @laceybaker 👏😍 Omg😱😱 I’m 4 place🙏🙏

Aori Nishimuraさん(@aori_nsmr)がシェアした投稿 – 2017 9月 15 9:55午後 PDT

 

大会は2本のルーティンの合計得点と5本のベストトリックで優勝が争われ、西村碧莉はベストトリック4本目のハンドレールで8.0ポイントの高得点を獲得し、一時は2位にまで上り詰める。

 

ラストの5本目では、バンクからのレッジでフロントサイドリップスライドtoショービットアウトをトライし、攻めの姿勢を見せるが惜しくも乗りゴケ。

 

結果は4位に終わったが、昨年よりもはるかにスキルアップした姿を見せてくれた。

 

ちなみに西村選手は昨年もStreet League Skateboarding Super Crownに出場し、5位の成績を残している。

 

優勝はレイシー・ベイカー

Congrats to @laceybaker who just won the 2017 Women’s SLS Nike SB Super Crown World Championships! 🙌🏼 Read how the night went down and see complete results on the #girlisnota4letterword site. LINK IS IN OUR BIO 👍🏼 #nikesb #sls #streetleague #laceybaker

Cindy Whiteheadさん(@girlisnota4letterword)がシェアした投稿 – 2017 9月 15 6:51午後 PDT

 

LACEY BAKERはベストトリック最後の5本目でノーズマニュアルtoノーリーヒールフリップアウトをメイク。 会場からはこの日一番の大歓声が湧いた。 女子ではこの日1番の高得点8.7ポイントを獲得、LETICIA BUFONIを抜き優勝に輝いた。

 

SLS SUPERCROWN WOMENリザルツ

🏆 @laceybaker 🏆 @nyjah 🔥🔥🔥 Congratulations to all the top 3 in both Women’s and Men’s divisions! 📸 by @ty_lor

True Skateboard Magさん(@truesk8boardmag)がシェアした投稿 – 2017 9月 15 9:44午後 PDT

 

1位 LACEY BAKER – 30.4

2位 LETICIA BUFONI – 29.4

3位 MARIAH DURAN – 28.8

4位 AORI NISHIMURA – 27.2

5位 PAMELA ROSA – 25.6

6位 SAMARRIA BREVARD – 15.3

7位 ALEXIS SABLONE – 13.8

8位 VANESSA TORRES – 13.0

 

SLS SUPERCROWN MEN リザルツ

Instagramより https://www.instagram.com/truesk8boardmag/

 

1位 NYJAH HUSTON – 37.0

2位 SHANE O’NEILL – 35.9

3位 KELVIN HOEFLER – 35.4

4位 LOUIE LOPEZ – 35.1

5位 TOREY PUDWILL – 29.2

6位 CARLOS RIBEIRO – 22.9

7位 DASHAWN JORDAN – 20.9

8位 TIAGO LEMOS – 15.0

 

トッププロとハグ


スケートボード テクニックブック <DVDなし> 2017年04月21日発売号

Fujisan.co.jpより

 

大会を見ていて何よりすごいと思ったのは、高レベルなトリックももちろんだが、西村碧莉選手が大会中、自身や他の選手がトリックをメイクした後などに、他の出場者たちと普通にハイタッチ・ハグをしていた点だった。

 

これは去年、ストリートリーグに出場した際にはあまり見られなかった光景で、西村碧莉という日本人がアメリカで活躍するプロ達に認められたという事を印象付けるシーンでもあった。

 

結果はもとより、日本人としてスケートボードを見てきて、こういった瞬間を見れる事が何よりも嬉しい瞬間だったりする。

 

 

文 小嶋 勝美

スケートボードを趣味としており、ライターとしてスケートボード関連の記事を執筆。

約10年間芸人として活動後、現在は放送作家としても活動中。

関連記事リンク(外部サイト)

ドイツで行われた世界最高峰のスケートボードコンテストStreet League Skateboardingで堀米雄斗が2位!
日本初開催World Cup Skateboarding!注目の瀬尻・堀米・池田インタビュー
Gカップ・小倉優香(19)、カウガール風の挑発的な美ボディに反響
【紐!?極小】天木じゅん 96cm”天乳”ついに隠しきれてないと話題に
ストリートカルチャーの祭典【Street Games】が大盛況!

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。