体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

忙しい朝も「3分」で!オフィス女子のヘアアレンジ3選

忙しい朝、身だしなみにかける時間はなるべく短くしたい!というのはみんなが願うこと。「忙しいから…」「不器用だから…」と、平日のヘアスタイルにはどうしても手を抜きがちですよね。

ですが、寝癖が付いている髪は不自然にうねっていたり、ハネていたりすることが多く、きちんと髪を整えている人と並ぶと、その差は一目瞭然!寝起きの髪を少しクシで整えた程度の“手抜き”ヘアは、”意外とバレている”可能性があるのです。

今回は、忙しい朝でも3分で手軽にできる、オフィスで好感度抜群のヘアアレンジのステップをご紹介します。

ねじって留めるだけ!パパッとハーフアップ_イメージ5

【non_shiratama】

non_shiratama

カラーや柄モノにチャレンジしたくなるような“親近感”がテーマのON/OFFコーデをInstagramで毎日紹介しています。Fashionを中心にヘアアレンジ・メイク・ハンドメイドのアイテムなども公開。

今回着用しているアイテムは楽天ROOMにもまとめています。

★instagram:https://www.instagram.com/non_shiratama/

★楽天ROOM:https://room.rakuten.co.jp/room_eeaf0a6c36/items

1、メイクの時間でできる!「時短巻き髪」

巻き髪…と聞くと、コテで巻く難しいもの、と思いがちですが、実は“あるもの”を使えばメイクをしている間にふんわり巻き髪が完成してしまうんです^^

時短巻き髪に使えるあるものとは、【ホットカーラー】。みなさん一度は使ったことがあるのではないでしょうか? まずは、ホットカーラーの時短巻き髪テクを紹介します。

(所要時間:約20分。実際の作業は5分程度です)

ホットカーラーを使った時短巻き髪_イメージ1

始めに、ホットカーラーは太さが違うものを準備しておいてください。後述しますが、部位で使い分けるのがポイント。またご自身の毛の長さや量によって、個数は異なります。

筆者はボブが伸び、肩につくくらいの長さで少しレイヤーが入っています。

巻かない状態はこちらです↓

ホットカーラーを使った時短巻き髪_イメージ2

【事前準備】髪にヘアオイルやミストを付け、ホットカーラーを温めておく(1分)

巻く前には必ず、オイルやミストなどをつけておきましょう。髪の毛をケアできて、巻きもつきやすくなります。また、ほどいた後にもみ込むワックスも忘れずに準備しておきましょう。

なお、ホットカーラーの温め時間は商品によりますが、筆者のものは1分程度。長くても5分ほどで温まります。その間に、歯を磨いたり朝ごはんの用意もできます。

【2】トップ・サイド・襟足とホットカーラーを巻く(3分)

私の場合は、場所ごとにホットカーラーの太さを変えています。

これは、太さを変えることで髪に動きが出て、すべて同じ太さのものを使うよりもイマドキな印象を与えてくれるため。また、トップにボリュームを出すことによって、女性らしさや可愛らしさも演出できます。

私はトップにふんわり感を出すために、トップは太めのものを2つ付けます。トップに付けるときは、頭を逆さにして根元から持ち上げるようにすると、ふんわり感を出すことができます。

次に、トップの下とサイドは中くらい、襟足は細いものを使います。髪が長い方や多い方はもう少し細かく分けても良いでしょう。

ホットカーラーを使った時短巻き髪_イメージ3

△装着イメージ

【3】メイクの時間に放置する(10~15分)

【4】メイクが終わったら、ホットカーラーを外し、ワックスをもみこめば完成!(2分)

ホットカーラーを使った時短巻き髪_イメージ4

正面から。トップにボリュームが出ていますね。

ホットカーラーを使った時短巻き髪_イメージ5

横から。15分放置しただけなのに、きちんとカールが入っています♪

詳しい手順は過去にinstagramで動画にて紹介しています。

https://www.instagram.com/p/BWRpFiIB-0a/?taken-by=non_shiratama

ぜひ、毎日のヘアスタイルに取り入れてみてくださいね。

2、ねじって留めるだけ!パパッとハーフアップはトップのボリュームが肝!

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。