体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ソルのゲー評】オンラインゲームの火付け役 『Diablo III』β版を早速遊び倒す!

オンラインゲームの火付け役とも言えるMORPG『Diablo(ディアブロ)』をご存じだろうか。1作目は1997年に発売され、私がまだ10代の頃のゲーム。ブリザード社から発売されたこのゲームは国内でもたちまち人気となり、没頭するユーザーが続出するほどだった。当時はパソコンのスペックからレンダリングされたキャラクターを動かしクォータービュー表示だったのだが、3作目の今回は完全3Dとなっている。
2000年に発売されたディアブロの2作目『ディアブロ 2』から12年ぶりの新作となる。『ディアブロ』はブリザード社の看板ゲームとなるわけだが、ここ数年の間に『World of Warcraft』のヒットや、『スタークラフト2』のリリースで、『ディアブロ3』のリリースがかなり伸びてしまった。2008年に初めて発表された『ディアブロ3』だから実にそれから4年の歳月を得て発売される。
しかし、その間にハックアンドスラッシュ系ゲームは数多くリリースしており、また『リネージュ』をリリースする大手ゲームメーカーNC softは、『ディアブロ』のようなハックアンドスラッシュ系『リネージュエターナル』をリリース。しかしこちらはサービスインが2013年とのことで、まだまだ先の話になりそうだ。
一方、今回紹介する『ディアブロ3』は来月2012年5月15日リリース、サービス開始と決定された。しかしこれは日本国外での話。昨年秋にガジェット通信がオンラインゲームイベント『G-STAR』に行った際にブリザード社ブースで広報に「日本語は対応されるのか?」と聞いたところ「日本でのサービス予定はない」と言う返事だった。製品版でも言語選択の箇所に「日本語」は見当たらない。誰が何をやらかしたのか……。

さて、先日記事に書いたとおり、発売まであと1か月となっている『ディアブロ3』だが、βへ招待されたので是非そのレビューを行いたい(製品版は別途レビュー)。β版は製品版とは異なり数々の制限が設けられている。またバグも現段階ではいくつか発覚している。

5つのクラス

今回の『ディアブロ3』では5つのクラスから主人公を選ぶ事が出来る。全てのクラスに男、女と選ぶ事が可能。ワイルドな男を選ぶかセクシーな女を選ぶかはプレイヤーの好み。ここで各クラスを簡単に紹介したいと思う。
バーバリアン……近接攻撃を最も得意とする『バーバリアン』は、周りの敵を強力な武器でなぎ倒していく。
デーモンハンター……は遠距離攻撃に長けており、弓矢、弩、手榴弾で攻撃が可能。周りに敵に囲まれるのを苦手とする。
モンク……連続攻撃が可能な近距離攻撃型クラス。讚歌を吟唱することにより、自身や味方を癒したり強化することができる。
ウィッチドクター……霊を召喚し敵を攻撃する。蜘蛛の入った壺や、炎の鳥、ゾンビ犬など非常に強い能力を持っている。
ウィザード……その名の通り魔法を扱い攻撃するクラス。ディアブロでは最強とされていたクラス。マナの回復も異常に速い。
以上の5つのクラスにわけられている。

ウィッチドクターでプレイ

今回は上記のクラスの中から『ウィッチドクター』を選ぶプレイ。『ウィッチドクター』は初期段階では『Poison Dart』での遠距離攻撃のみだが、レベルが上がりスキルを得ると『Grasp of the Dead』、『Firebats』が使えるようになる。また召喚は初期段階で覚える『Summon Zombie Dogs』が非常に有効的だ。これはゾンビの犬を3体召喚するもの。主人公と一緒に戦ってくれるので是非召喚しておきたい。
また各スキルはルーンを効果を上げることにより、スキルの効果そのものが強くなる。これが今回『ディアブロ3』から採用された“スキルルーン”だ。スキルを取得したあとも効果に変化をもたらせることが可能となる。例を挙げると『Poison Dart』のルーンを“Splinters”という物に変更すると三連射できるようになる。ただルーンは好みが分かれるので、効果によって自分にあったルーンを選んだ方が良いだろう。

記者プレイヤーのキャラクター スキル
1 2 3次のページ
ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。