ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

一人目と二人目でもつわりは違う。でもいつか必ず終わりは来ます!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20170312114701j:plain

つわりには個人差があって、人によって症状が全然違うというのは分かっていましたが、一人目と二人目でもこんなに違うんだ!という経験をしました。

その時その時の環境で、自分の気分的なものもあったのかもしれませんが、それぞれどのように乗り切ったかをお伝えしたいと思います。

まず一人目の時、仕事もまだバリバリやっていて、出張も残業も当たり前、という感じでした。とても忙しかったため、それでつわりの辛さが紛れていた部分もあったかもしれません。つわりを最初に感じたのは妊娠3か月にならないぐらいの時で、出張中、車に乗った時「車酔いでもしたかな」と思ったぐらいでした。

そして食事に影響が出てきました。当時料理担当は夫だったのですがせっかく作ってくれてもNG。特に和食などは匂いだけで無理、となってしまいました。

食べられたものはというとゼリー飲料やおにぎり、ファストフード店のハンバーガーなどのジャンクフードでした。

どうしてもダメな時は病院で吐き気止めの入った点滴をしてもらったことも。これが私には劇的な効果があって、1回点滴をすると、1週間~10日ぐらいは普通に食事が出来ました。

そのおかげで社員旅行で韓国に行き、焼肉やカニなどもたっぷり食べられました。そんな感じで5か月ぐらいまでつわりが続いていたと思います。 関連記事:水を飲むだけでも戻してしまう。妊娠初期の辛いつわりで体重マイナス7キロ

次に二人目の時ですが、つわりが始まったタイミングは一人目と同じぐらいか、少し早かったかと思います。仕事は家庭の都合で在宅勤務になっていたため、時間にはかなり余裕があり、そこまで忙しくはありませんでした。

そのせいか一人目の時よりも辛く感じたように思います。ですが一人目の時の経験があるため、今回も乗り越えられるだろうと思っていました。

ところが二人目の時の病院では、吐き気止めの点滴を打ってもらえなかったのです。

それからは本当に辛い毎日でした。あまりに気分が悪く寝たきりの日もあり、またその頃は食事担当は私で、の子の分も用意しなくてはなりません。

とはいえご飯の炊けるニオイはもちろん、スーパーにも行けないのでほとんどがデリバリーやコンビニ弁当でかわいそうなことをしてしまいました。

イスに座っているだけでも辛く、仕事も家事も育児もロクにできないで「生きているのが辛い」と実家の母に電話で愚痴ってしまったぐらいです。 関連記事:超多忙な旦那とつわり、マタニティブルーが重なって涙

そんな辛い日々に終わりが見えてきたのは、一人目と同じか少し早い4か月ぐらいの時でした。自分でスーパーへ行ける事、子どものご飯を用意してあげられる事がとても嬉しかったです。

出産ぎりぎりまでつわりが続く方もいると聞きます。ものすごく辛いとは思いますが、必ず終わりは来ますので、周りの力も借りたりして、なんとか乗り越えてほしいと思います。

f:id:akasuguope01:20170312114910j:plain

著者:まかおり

年齢:35歳

子どもの年齢:2歳7か月

2歳7か月の男の子のママです。日中は自宅で仕事をしているので、長男には毎日保育園に通ってもらっています。 現在二人目を妊娠中。長男の子育ての日々はあっという間に過ぎて行ってしまい、こんな時はどうだった、という事もたくさん忘れてしまいました・・・。 今は下の子の出産・育児に向けていろいろと思いだそうと日々奮闘中です♪

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

妊娠中の情緒不安定で沸点が低くなり八つ当たり!耐えてくれた夫よ、ありがとう
男の子と女の子で妊娠初期症状は違う?ひとりひとり様々な症状がある!
お腹は小さくても赤ちゃんはちゃんと育ってる!助産師さんの一言で気が楽になった

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。