体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

九十九里うまれの「HAPPY NUTS DAY」が、人の心を掴むワケ。

九十九里うまれの「HAPPY NUTS DAY」が、人の心を掴むワケ。 はじめて「HAPPY NUTS DAY」のピーナッツバターを食べたとき、濃厚な味に驚いた。もったりとした食感。舌の上で溶けていくほど、広がっていく香ばしさ。食べた人はわかると思うけれど、コクがもう、すごい。それをたっぷりとトーストにぬった朝は、いつもよりちょっと頑張れる気がする。九十九里うまれの「HAPPY NUTS DAY」が、人の心を掴むワケ。Photo by @icmra

何がこの味をつくっているのかHPに飛んでみると、意外にも材料は北海道産のてんさい糖と、九十九里産の海塩、千葉県で収穫された落花生の3種類だけ。あれ、たったこれだけだったの?そのまま他のページに行くと、もとはスケーター仲間の3人が、形が悪くて余っていた落花生を見て思いついたのが、ピーナッツバターづくりの始まりだったみたい。

ストーリーを知ってさらに好きになり、朝食に定着してから約2年。TABI LABOのライターになった私は、取材を申し込んでみることにした。すると、彼らが初めて主催する『HAPPY DAY TRIP』と名付けられたイベントに、密着させてもらえることになったのだ。

“童心”が育つ場所

前回も紹介の記事を書いたけれど、ここで簡単にもう一度。2017年7月9日〜8月27日の週末に、九十九里で1日、【サーフィン×シーフードBBQ】【ビーチヨガ×ワークショップ】【小学生対象×ワークショップ】のどれかを体験できるというもの。私が参加させてもらった8月27日は、ヨガコースとサーフィンコースの開催日だった。九十九里うまれの「HAPPY NUTS DAY」が、人の心を掴むワケ。

集合場所は、「とようみ保育所」。子どもの人口が減ってしまったことで、近隣の幼稚園と合併することになり、今年4月に閉園となってしまったのだ。海から徒歩すぐという立地と、閉園したばかりでまだ整っている施設は、たしかに最適な場所だったと思う。久々に腰掛ける小さなイスや、園庭の遊具に、懐かしさと、当時は感じなかった可愛らしさがじんわりと広がっていく。どうしてこの場所を選んだのだろう? HPには、こんなメッセージが書いてあった。

幼少期を思い起こさせる特別な空間で、健やかな週末をお楽しみください。

なるほど。日々の忙しい生活の中で、心の隅に追いやられていた童心を呼び出して、のびのびと楽しむ週末。それが今回、彼らのつくる幸せなのかも?

【障がい者の雇用】や、【米国の環境保護団体への参加】などもしている彼らは、いったいどんな哲学を持っているのか? 何を”HAPPY”と捉えているのか? それを探しに行ってみた。

心を動かす「種」は、
すぐそばにあったりする。

九十九里うまれの「HAPPY NUTS DAY」が、人の心を掴むワケ。

いくら千葉が落花生の名産地とは言っても、国内自給率が12%ほどまで低下してしまった現状に変化をもたらすのは、とても難しい。まだブランドが立ち上がって間もない頃、畑を借りて自家栽培を始めた彼らに、農家さんたちからは批判の声もあったようだ。

けれど都内からスケボー仲間を呼んで、土だらけになりながら楽しそうに種をまいている姿を見たら、「なんだか俺らも楽しくなってきたぞ」と、長年それを仕事にしてきた人たちも、普段はコンクリートの道にいることが多い仲間たちも、一緒に発見をして盛り上がったことがあったそう。

その日をきっかけに、落花生の種まきや収穫の農業体験は今や「School of Peanut」と名付けられ、誰でも参加できる恒例行事となっている。

こうした”化学反応”は、今回も様々な場面で起こっていたように思う。九十九里うまれの「HAPPY NUTS DAY」が、人の心を掴むワケ。九十九里うまれの「HAPPY NUTS DAY」が、人の心を掴むワケ。九十九里うまれの「HAPPY NUTS DAY」が、人の心を掴むワケ。 自分で収穫した野菜で、スムージーをつくるという、ヨガチームのワークショップ。近くの農家さんちにお邪魔して、形や色・触り心地などから、味の良さ見極める方法を教わった。いつも何気なく食べている野菜を、この時ばかりはまじまじと見つめてしまう。九十九里うまれの「HAPPY NUTS DAY」が、人の心を掴むワケ。九十九里うまれの「HAPPY NUTS DAY」が、人の心を掴むワケ。
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。