体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Interview with Thurston Moore by Ryosuke Nagaoka(PETROLZ)

thurston_nagaoka3 | Photography : Junko Yoda

絹糸のような雨が降る東京のとある日。5枚目のソロ作品『Rock N Roll Consciousness』をリリースしたソニック・ユースのサーストン・ムーアと、ペトロールズの長岡亮介が出会った。穏やかな時間が流れるなかで交わされた二人の対話、その記録。

長岡亮介「これが、僕が組んでいるバンド、ペトロールズの1stアルバム(『Renaissance』)です。一昨年、結成10周年のときにリリースしたんです」

サーストン・ムーア「10年目で!? なぜそこまでリリースしなかったの?」

長岡「なかなかタイミングがなくて(笑)。でも、数曲入りの作品はたまにリリースしてました」

サーストン「(三角形の)ジャケットもクールだね。壁にかけたくなるね」

長岡「レコード屋さんに発送して到着するまでに角が折れてしまうこともあって(笑)」

サーストン「なるほどね(笑)。楽しみに聴かせてもらうよ。メンバーは何人?」

長岡「トリオです。僕はギターを弾きながら歌ってます。こっちはソロで出した作品(『MIXED MESSAGE』)です」

サーストン「どういうサウンドを鳴らしてるの?」

長岡「ソロはフィーリングに任せて思いつきでギターを鳴らしながらGarageBandで作りました。バンドのほうはよくあるトリオみたいな音楽性にはしたくなくて。強いて言えばブラックミュージックの要素がけっこう入ってるかな。でも、音の隙間はすごく多いんです」

thuston_nagaoka2 | Photography  :  Junko Yoda thurston_nagaoka1| Photography  :  Junko Yoda

サーストン「君のルーツはどういう音楽なの?」

長岡「父がブルーグラスのバンドをやっていたんです。その影響でカントリーやブルーグラスを子どものころから聴いてました」

サーストン「いいね。僕は若いころアラバマに住んでいたことがあって。アラバマはカントリーやブルースが盛んなエリアだから、自然と耳に入っていた。60年代、70年代のアメリカを知っている者としては、ジョニー・キャッシュの存在は大きくて。彼は子どものころから重要なシンガーだった。でも、自分でカントリーをやろうと思ったことはないなぁ」

長岡「カントリーって日本だと演歌みたいな感じなのかな」

サーストン「カントリーはヒップな音楽だと捉えていたかな。フライング・ブリトー・ブラザーズやボブ・ディランもカントリーにフォーカスを絞っていた時期があったし。人種差別的なアメリカの音楽文化と結びついたところもあったから、それで抵抗を感じてる人もいるかもしれない。でも、どんなジャンルの音楽にもそういう側面はあるからね。日本の演歌のミュージシャンが使ってるギターってどういう感じなの?」

長岡「クラシックギターが多いのかな?」

サーストン「あの、三弦の……」

長岡「三味線だ(笑)」

サーストン「そう、三味線は演歌では使わないの?」

長岡「民謡に近い曲ではあるかもしれないけど、主には使われてないと思いますね。たとえばポップスの曲にシタールを入れるみたいにエッセンスとして弾かれることはあるかもしれないけど」

サーストン「三味線っておもしろそうだよね」

長岡「あなたが弾いてるのを見てみたい。ノイジーに(笑)」

サーストン「それ言おうと思ったんだ(笑)。三味線にエフェクターを繋げてね。“ノイズ演歌”とかあるのかな?」

長岡「僕が知らないだけで日本のどこかにあるかも(笑)」

サーストン「やってみようかな(笑)。君の出身は東京なの?」

長岡「千葉という東京の隣にある街なんです」

サーストン「じゃあシティボーイだね」

長岡「そんなことないです(笑)。あなたの今のお住いはロンドンですよね?」

サーストン「そう」

長岡「車は乗ってますか?」

サーストン「ロンドンでは乗ってなくて。自転車に乗ってるよ」

長岡「いいですね。僕は車も自転車も好きです」

サーストン「僕も車と自転車は大好きだよ。初めて自分で車を買ったのは30代後半のとき、95年だった。子どもが生まれてから買ったんだ。19歳からニューヨークに住んでいたから必要なかったんだよね。地下鉄に乗ればいいし、車を買うお金もなかったしね(笑)。ニューヨークに行く前は(自宅の)ビートルに身を屈めて乗ってたよ(笑)」

長岡「ああ、身体が大きいから。自転車も大きくなきゃね(笑)」

サーストン「もう、ユニサイクリング(一輪車)でもいいかなと思ってる(笑)。でも、ロンドンは自転車も乗りづらい街だよ。電気自動車にも興味ある?」

長岡「あまりないかな。でも、デロリアンの電気自動車があるみたいで、それはちょっと乗ってみたいかな。もともと古い車が好きなんです」

サーストン「ビンテージの英国車もいいよ。ニューヨークにいるとよく雨が降るし、ビンテージカーがすぐ台無しになってしまうんだよね。でも、カルフォルニアに行くと素敵なビンテージカーがたくさんあって、ジェラシーを覚えたくらい。アメリカには行ったことある?」

長岡「それがないんです。中学生のときにアラスカには少しだけ行ったことがあるんだけど(笑)。アメリカにもちゃんと行ってみたいですね。ロンドンには半年くらい滞在したことがあるんです」

NeoL_thuston_nagaoka4 | Photography : Junko Yoda
1 2 3 4 5 6次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。