ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

キャリアアップに必須 自分の価値を最大にするスキルとは?

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
キャリアアップに必須 自分の価値を最大にするスキルとは?

「目の前の仕事をこなすのに精一杯で、将来のことを具体的に考えられない」

「同期の昇進や活躍ぶりに、正直、あせってしまう」

「仕事でなかなか芽が出ず、将来のキャリアに不安を感じる」

こういった悩みを抱える人は多い。

そんな悩みを解消するのに必要なのが、自分のキャリアをどう築いていくかを考えることだ。

今いる会社で働き続けるにしろ、転職や独立を考えるにしろ、「キャリア戦略」は重要だ。

「この仕事は○○さんでないと」と頼られる人材になるキャリアを積んでおけば、会社でも重宝されるし、転職や独立にも有利だ。

言い換えれば「いかに“自分という商品”の価値を上げるか」がキャリア戦略のキモである。

『「あなた」という商品を高く売る方法』(NHK出版刊)の著者、永井孝尚氏は、『100円のコーラを1000円で売る方法』(KADOKAWA/中経出版)で知られるマーケティング戦略アドバイザー。この本ではマーケティング理論を応用した、「自分という商品」の価値を上げる方法を指南している。

■「競争をしない競争戦略」こそ、キャリアデザインの基本

マーケティングと聞くと、宣伝や広告を思い浮かべてしまうが、それらはマーケティング戦略のごく一部だ。企業が売り出す商品やサービスの価値を高めてより多くの顧客に届ける方法を整理し、誰にでもできるようにまとめたもの。それがマーケティング戦略の本質だ。

この「企業が売り出す商品やサービス」を「あなたという商品」に置き換えれば、キャリア戦略にも応用できる。

大切なのは、マーケティングの基本である「競争しないことが最高の競争戦略である」という考え方だ。

たとえば、防犯・事故防止・接客のために使われる業務用ミラーの会社「コミー」は、従業員20名程度でありながら全国シェア8割を誇る。この「コミー」のように細分化したニーズに特化して、ブルーオーシャンを狙う。これが「競争をしない競争戦略」だ。

「あなたの代わりはいくらでもいる」状態では、評価は高まらない。狙うべきは「好きなことで、誰もやっていないこと」。次項ではそのポイントを見極めるために必要な「バリューポジション」について解説しよう。

■「バリュープロポジション」で自分の価値を俯瞰しよう

「バリュープロポジション」とは、「相手が求めていて、自分しか提供できない価値」のことを指す。「誰もやっていないこと」は、「自分しか提供できない価値」だ。これを明確にしていくことが自分の価値を高めるポイントになる。

「バリュープロポジション」をつくるには、4つの要素を考えていく。

1.どんな強みを生かして(自分の強み)

2.誰の(ターゲット)

3.どんな悩みに(ニーズ)

4.いかに応えるか(自分の仕事)

これを本書の著者、永井氏に当てはめると、次のようになる。

1.自分の強み → マーケティングの失敗経験+その後の知識+戦略策定

2.ターゲット → マーケティングを知らず、価格競争で疲弊する企業やビジネスパーソン

3.ニーズ → 価格勝負から価値勝負に進化したい

4.自分の仕事 → 経験に基づき、ブログやビジネス書を執筆

ここで多くの人が考えてしまうのが「本当の自分の強みってどれだろう?」ということだ。本書では、そんな「本物の自分の強み」の見極め方も紹介されている。

■「自分の強み」がわかる4つの質問

誰しも「自分の強み」だと自負しているものを持っているだろう。

本書ではその「強み」を見極める方法として「4つのチェックリスト」が紹介されている。

次の4つの問いがすべて「YES」になるものが、「本物の自分の強み」だ。

Q1.あなたはその仕事が好きか?

Q2.その強みを必要としている人はいるか?

Q3.その強みは誰も提供できないか?

Q4.その強みは誰も真似するのが難しいか?

この質問に今すぐ4つとも「YES」と答えられなくても落胆することはない。

まずは好きな仕事――今やっている仕事の中でも、とりわけ好きな作業や案件を見つけて、その強みを必要としている人がいれば、「強みの種」になる。それを育てて、誰も提供できない状態に進化させ、真似するのが難しい状態にまで持っていけば、「本物の自分の強み」となる。

最初は、「同期の中で一番」という狭い範囲の「強み」でもいい。その「強み」を伸ばしていくことで、誰とも競争しない唯一無二の「自分の価値」となるのだ。

本書では他にも様々なマーケティング手法を応用した「自分の価値」の高め方がわかりやすく紹介されている。その内容は、ぜひ、本書を手に取って確かめてほしい。

(ライター:大村 佑介)

【関連記事】

元記事はこちら

「報酬」と「罰金」、どちらの方が強いモチベーションになるのか?

「生産性」は2つのステップで劇的に上がる

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。